薛冑

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 朝廷は薛冑に二心あるものと疑い、逮捕して大理に送った。 ...
  • 薛冑が情実で判断したのに対して、趙綽は法を守り、ともに大理の職で呼ばれた。 ...
  • 河東の薛冑が大理卿となって、趙綽とともに名を知られた。 ...
  • 薛冑は兗州に着任すると、未決囚数百人の処分を10日ほどで決めてしまい、獄舎は空になった。 ...
  • 綦良が史祥の攻撃を受けると、軍を捨てて薛冑を頼った。 ...
  • 薛冑は鵝羊山に進出し、叔慎は侯正理や樊通らを派遣してその進軍をはばもうとしたが、衆寡敵せず敗れた。 ...
  • 隋による統一で天下太平となったことから、薛冑は封禅の儀式を行うよう文帝に勧めるべく、博士を泰山に派遣して古跡を調査させ、『封禅図』を編纂して上奏した。 ...
  • 隋が建国されると、薛冑は魯州刺史に抜擢されたが、赴任しないうちに検校廬州総管事を命じられた。 ...
  • 相州の官吏や民衆は薛胄に恩義を感じていたため、宮殿を訪れて薛冑の無罪を訴える者100人あまりにのぼった。 ...
  • 後に薛冑は郢州刺史に転じ、善政で知られた。 ...
  • 薛冑は勝利に乗じて湘州に入城し、叔慎を生け捕りにした。 ...
  • 隋の楊素の部将の龐暉が南方の湘州に派遣され、薛冑が湘州刺史となって湘州に向かった。 ...
  • 龐暉が陳の岳陽王陳叔慎の騙し討ちに遭って殺害されたため、薛冑は援兵を求め、行軍総管の劉仁恩が新たに派遣された。 ...
  • 子の薛冑は、帥都督を初任として、上儀同・司金中大夫・徐州総管府長史・合州刺史を歴任した。 ...
  • 薛冑は鵝羊山に進出し、陳叔慎の派遣した侯正理や樊通らを撃破し、勝利に乗じて湘州に入城して、陳叔慎を生け捕りにした。 ...