薄れる意識

10 の用例 (0.00 秒)
  • 薄れる意識の中でカイルロッドはそんなことを思った。 冴木忍『カイルロッドの苦難 9 思い出はいつまでも』より引用
  • 薄れる意識の中で、源之丞は男のこもった笑い声を聞いていた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さらば深川』より引用
  • 薄れる意識のなかで、私は答えていた。 加東康一『岳史よ、生命あるかぎり』より引用
  • 薄れる意識に身を任せようと思った時、チャイムがなった。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 02 綿流し編』より引用
  • 薄れる意識の中で星々を見た。 初野晴『漆黒の王子』より引用
  • 幸太はうすれる意識いしきを死ぬ気で保ちつつ、天井てんじょうあおいだ。 竹宮ゆゆこ『とらドラ・スピンオフ! 第01巻 幸福の桜色トルネード』より引用
  • 薄れる意識の中で、ミミズクはそう思った。 紅玉いづき『ミミズクと夜の王』より引用
  • 薄れる意識にしがみつこうと〓くのもつかの間、その意思さえも薄れ消え果てる。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 薄れる意識の中、新庄の身体《か ら だ》の温かみとリズムから得られる安堵の正体は何かと、佐山は考える。 川上稔『AHEADシリーズ 01 終わりのクロニクル①〈上〉』より引用
  • うすれる意識の中で、エドガーはつぶやく。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第13巻 紅の騎士に願うならば』より引用