薄れる

全て 動詞
513 の例文 (0.00 秒)
  • 夜主の時がそうだったが、感情が薄れたらすぐに獣騎綱じゅうきこうの手に落ちるよ。 ...
  • 薬の効き目が薄れてきたので、目も見えるようになったのかもしれない。
  • 僕の中にあった難しい問題を解いたという達成感はすぐに薄れていった。 ...
  • 気化した金属のきらめく霧が緑色の鏡を思わせる表面から薄れていった。 ...
  • 一同の坐っている小さな箱型の車室の仕切りが薄れ出したかのようだった。 ...
  • そうなると、わたしまで坊っちゃんへの関心が薄れるようになりました。 ...
  • そうすることでいくらか、それらが人間であった当時の印象が薄れる。 ...
  • 広島へ行つた時のやうな一途な思ひはもうきんの心から薄れ去つてゐる。 ...
  • 月は明るく空にかかっていたが、その光りはしだいに薄れかかっていた。 ...
  • 敵の強大さを思い知ってなお、その自信は少しも薄れなかったのである。 ...
  • そこで彼が何をしてゐたか、その記憶はふしぎなほど薄れてしまつてゐる。 ...
  • 一力はうすれていく意識の中で、えも言われぬ喜びにうちふるえていた。 ...
  • よそ行きの服装のせいだろうか、昨日見た時より田舎臭さは薄れていた。 ...
  • やがてその恐ろしい昼は光が薄れ、暗黒の上の白いもやのようになった。 ...
  • すでうすれつつあるムア氏という一人の頑固者がんこものの記憶よりはるかに鮮明に。 ...
  • いつのまにか、仮初かりそめの暮らしをしているという感覚が薄れてきている。 ...
  • ところどころ霧に包まれた丘の頂きと谷間が薄れはじめたように思えた。 ...
  • 次へ