薄々見当がつい

3 の用例 (0.00 秒)
  • いくら何でも、この景色が日本のものでないことくらいは、薄々見当がついていた。 貴志祐介『クリムゾンの迷宮』より引用
  • 彼女が、交通事故にったという郁哉の友人であることぐらいは、恭介きようすけにも薄々うすうす見当がついた。 三雲岳斗『レベリオン 第02巻』より引用
  • クレジットローンに追われる邦子が、すでに月々の利子しか返済できなくなっているのは薄々見当がついていた。 桐野夏生『OUT(上)』より引用