薄々見当

6 の用例 (0.00 秒)
  • 実は薄々見当はついているのだが、確かめたいことがいくつかあった。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~』より引用
  • 二人の顔を涙でグチャグチャにした原因は私にあるんだろうな、と薄々見当はついていた。 今野緒雪『マリア様がみてる 34 リトル ホラーズ』より引用
  • いくら何でも、この景色が日本のものでないことくらいは、薄々見当がついていた。 貴志祐介『クリムゾンの迷宮』より引用
  • 彼がなにを考えているのか薄々見当はついたが、誤解だと言い訳するわけにもいかず、恭介は黙っていた。 三雲岳斗『レベリオン 第03巻』より引用
  • 彼女が、交通事故にったという郁哉の友人であることぐらいは、恭介きようすけにも薄々うすうす見当がついた。 三雲岳斗『レベリオン 第02巻』より引用
  • クレジットローンに追われる邦子が、すでに月々の利子しか返済できなくなっているのは薄々見当がついていた。 桐野夏生『OUT(上)』より引用