薄々知つて

5 の用例 (0.00 秒)
  • 君の周囲が、この序文問題で、どういふ風に動いたかといふことも、薄々知つてゐる。 岸田国士『序文』より引用
  • 尤も彼も母も、前から周子の父親があまり質の好くない人間であることは薄々知つてゐた。 牧野信一『父の百ヶ日前後』より引用
  • 彼は同志の人々の思はくを薄々知つて居ながらも、其跡先にくつついて放れなかつた。 平出修『逆徒』より引用
  • それを千代松が薄々知つてゐるのである。 上司小剣『天満宮』より引用
  • 美奈子も、母の男性のお友達の一人なる青木なにがしが、横死したと云ふことは、薄々知つてゐた。 菊池寛『真珠夫人』より引用