薄々気がつい

8 の用例 (0.00 秒)
  • この戦いに彼女があえて参加した本当の理由を、彼だけは薄々うすうす気がついていた。 水野良『ロードス島戦記 2 炎の魔神』より引用
  • 見ていると、どうやら検事もそのことに薄々うすうす気がついているらしい。 つかこうへい『長島茂雄殺人事件』より引用
  • 彼女は、自分の息子が悪い連中の仲間になって、世間には公表できないような犯罪を遊びにしていることに薄々気がついていたのだ。 毛利『志生子 カナリア・ファイル~金蚕蠱』より引用
  • 殷雷はとっくに知っていて、和穂も薄々うすうす気がついていたのだ。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録06 憎みきれない好敵手』より引用
  • 隣近所の人達も、それに薄々気がついているようだ。 山本文緒『群青の夜の羽毛布』より引用
  • そして警部のねらいに薄々気がついた麗子は先回りしていう。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで2』より引用
  • わたしは、薄々うすうす気がついていたんです。 水野良『ロードス島戦記 1 灰色の魔女』より引用
  • 凛も薄々気がついてはいたが、アーチャーは物の設計、構造を把握する能力に、騎士とは思えないほど特化しているらしい。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用