薄々感じる

7 の用例 (0.00 秒)
  • なぜなら、俺が薄々感じるに、これは我々の世界の言葉ではないのだから。 万城目学『鴨川ホルモー』より引用
  • しかし、歳を重ねるにつれて、それだけではないということを薄々感じるようになっていった。 大崎善生『孤独か、それに等しいもの』より引用
  • 悠二は、このため息の中に、自分に何らかの行動を期待する空気が混じっていることを薄々感じる。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第02巻』より引用
  • ただ女が、農婦よりはいくらか程度の高い教養を持つ人であることを、薄々感じることが出来てゐた。 坂口安吾『黒谷村』より引用
  • 頭の思考に独立して年齢自身が考へはじめ、その抜きさしならぬ暗さ、のしかゝつてくる思考自体の肉体的な目方の重さといふものを僕も薄々感じることが出来たのである。 坂口安吾『孤独閑談』より引用
  • 毎年、同じようなことを繰り返すうちに子供だって薄々感じるようになるだろうから、手を替え品を替えて策をろうさなければならない。 阿川佐和子『走って、ころんで、さあ大変』より引用
  • 父親らしいとは薄々感じるけれど、なんとなく親しみの湧かない怖そうな男の人が、広島の家にやってきたかと思うと、私を抱いてタクシーに乗り込んだ。 阿川佐和子『笑ってケツカッチン』より引用