薄々感じ

66 の用例 (0.00 秒)
  • たとえ薄々感じてはいても、おそらく見て見ぬふりをしているのである。 宮元啓一『日本奇僧伝』より引用
  • 例の学校での集団昏睡事件との関わりを、桜も薄々感じていたのだろう。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • 自分の意識とは全く無関係で何か起こっているのは薄々感じていた。 奈須きのこ『歌月十夜 32 氷結の夢』より引用
  • 彼らは自分たちの目的がVHSの開発にあることは薄々感じていた。 佐藤正明『陽はまた昇る 映像メディアの世紀』より引用
  • パンドラが好きでオレと過ごしているんじゃないのは薄々感じていた。 高橋克彦『パンドラ・ケース よみがえる殺人』より引用
  • いや、当時は薄々感じていたのかもしれないが、記憶としては残っていない。 原田宗典『屑籠一杯の剃刀 自選恐怖小説集』より引用
  • おまえが愁二にコンプレックスをもっていたことも薄々感じていたよ。 野村美月『文学少女シリーズ01 “文学少女”と死にたがりの道化』より引用
  • またそういうことを薄々感じていられる方もあると思います。 岸田国士『俳優倫理』より引用
  • こうなるのではないかと薄々感じていたことではあった。 坂東眞砂子『旅涯ての地(上)』より引用
  • それにしても薄々うすうす感じてはいたけど、僕のことは玩具扱おもちゃあつかいなんだな。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 02 善意の指針は悪意』より引用
  • 思いもよらぬことをいわれたからではなく、彼自身も薄々感じていたことだったからだ。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 祥子さまがそれを面白く思っていないことを、祐巳も薄々感じている。 今野緒雪『マリア様がみてる 12 子羊たちの休暇』より引用
  • 薄々うすうす感じてはいたけれど、やはりふざけている場合ではなかった。 竹宮ゆゆこ『わたしたちの田村くん 第02巻』より引用
  • 兄に恋人ができたのであろうことは、薄々感じていた。 雀野日名子『トンコ』より引用
  • パイロットとしての自分は首の皮一枚で辛うじてつながっていることを薄々感じていた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 02 5121小隊の日常』より引用
  • 村岡も矢野も私にそう好意を持っていないことは薄々感じていた。 林真理子『美食倶楽部』より引用
  • 話の推移から薄々感じていたことだったが、やはり断定されると衝撃が襲った。 高橋克彦『パンドラ・ケース よみがえる殺人』より引用
  • もちろん、滝川にだって複雑な事情があることくらいは厚志も薄々感じている。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 05 5121小隊 episode TWO』より引用
  • それを景虎は薄々感じていたが、女中達の噂にのぼるまでになっているとは知らなかった。 咲村観『上杉謙信人の巻』より引用
  • なんにでも答えてくれるんだけど、それをやれば恐ろしいことになるんじゃないかと皆薄々感じているんだ。 高橋克彦『幻少女』より引用
  • 次へ »

薄々感じ の使われ方