薄々事情

7 の用例 (0.00 秒)
  • 薄々うすうす事情をさっしたのか、人質をとっても仕方ないと判断したようだった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編05 最後の宝貝』より引用
  • 薄々事情を察していたらしく、私が何も言わないのを見て大きくめ息をつきました。 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • 詳細は知らなくとも、薄々事情を察したミランシャが、そっと呟いた。 冴木忍『カイルロッドの苦難 1 旅立ちは突然に』より引用
  • 薄々事情を察していた文治はそれをとめなかった。 野原一夫『太宰治 生涯と文学』より引用
  • 駒吉は獄門になり、それを手引きして、雨戸を開けてやった倅の浪太郎は、薄々事情を知っていたにもかかわらず、知らぬ存ぜぬで押し通して遠島で済みました。 野村胡堂『銭形平次捕物控 17』より引用
  • が、先刻せんこく経緯けいいを思い出し、薄々うすうす事情が飲み込めた。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編02 切れる女に手を出すな』より引用
  • なお薫の出生の秘密を知るのは本人以外では光源氏、実父柏木、母女三宮、小侍従、弁の5人で、この他夕霧も薄々事情を察している。

薄々事情 の使われ方