薄々そう

6 の用例 (0.00 秒)
  • 薄々うすうすそうではない事に気がついているのだろう。 沖田雅『先輩とぼく 04』より引用
  • 実はこの前アキバの深夜販売で会ったときから、薄々そうじゃねーかと思ってたんだよ。 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第05巻』より引用
  • ハルヒをして変わってると言わしめ、俺も薄々うすうすそう思っていた中学以来の自称じしょう俺の親友だ。 谷川流『涼宮ハルヒの驚愕(前)』より引用
  • 薄々そうだとは思っていたが、アシュラムという男はやはり、カシュー王の敵だったのである。 水野良『ロードス島戦記 3 火竜山の魔竜(上)』より引用
  • ワイリーが助手になってから、薄々うすうすそう感じていた。 伊豆平成『PATRONE2 仮面の少女』より引用
  • 薄々そう感づいていたが、さりとて絶望するのも億劫だったし、それ以前に、絶望できるほど自分の周りが明るいとも思っていなかったから、ひさぎはほとんど惰性で人を殺してきた。 嬉野秋彦『メフィストの魔弾』より引用