蒼白い香炉の火

6 の用例 (0.00 秒)
  • もしこの時部屋の外から、誰か婆さんのようすを見ていたとすれば、それはきっと大きな蝙蝠こうもりか何かが、蒼白あおじろい香炉の火の光の中に、飛びまわってでもいるように見えたでしょう。 芥川龍之介『藪の中・将軍』より引用
  • もしこの時部屋の外から、誰か婆さんの容子を見ていたとすれば、それはきっと大きな蝙蝠こうもりか何かが、蒼白あおじろい香炉の火の光の中に、飛びまわってでもいるように見えたでしょう。 芥川竜之介『アグニの神』より引用
  • もしこの時部屋の外から、誰か婆さんの容子ようすを見てゐたとすれば、それはきつと大きな蝙蝠かうもりか何かが、蒼白い香炉の火の光の中に、飛びまはつてでもゐるやうに見えたでせう。 芥川竜之介『アグニの神』より引用
  • しかし透き見をすると言つても、何しろ鍵穴を覗くのですから、蒼白い香炉かうろの火の光を浴びた、死人のやうな妙子の顔が、やつと正面に見えるだけです。 芥川竜之介『アグニの神』より引用
  • しかし透き見をすると言っても、何しろ鍵穴を覗くのですから、蒼白い香炉の火の光を浴びた、死人のような妙子の顔が、やっと正面に見えるだけです。 芥川竜之介『アグニの神』より引用
  • しかし透き見をすると言っても、なにしろ鍵穴をのぞくのですから、蒼白い香炉の火の光を浴びた、死人のような妙子の顔が、やっと正面に見えるだけです。 芥川龍之介『藪の中・将軍』より引用