蒼白い額

28 の用例 (0.00 秒)
  • その蒼白あおじろい額の中にあるいはこのくらいな事を考えていたかも知れない。 夏目漱石『行人』より引用
  • その蒼白あおじろい額の中にあるいはこのくらいなことを考えていたかもしれない。 夏目漱石『行人』より引用
  • 彼らは蒼白い額を素直に前に出して、そこに炎に似た烙印やきいんを受けた。 夏目漱石『門』より引用
  • そういってから、彼はほっとしたように蒼白い額に手をやってため息をいた。 横溝正史『芙蓉屋敷の秘密』より引用
  • 青年は小作こづくりの面長おもながたちで、蒼白あおじろい額の下に、度の高そうな眼鏡を光らしていた。 夏目漱石『永日小品』より引用
  • ここへ来ると、正隆は、蒼白い額を灰色にして腕を組んだ。 宮本百合子『渋谷家の始祖』より引用
  • 隣室の線香が絶えんとするとき、小野さんは蒼白あおじろい額をおさえて来た。 夏目漱石『虞美人草』より引用
  • 蒼白い額の皮膚が、冷たく骨にくっついて、その下から眼だけが澄みきって光っていた。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 隣室の線香が絶えんとする時、小野さんは蒼白あおじろい額を抑えて来た。 夏目漱石『虞美人草』より引用
  • と、力んで、豹吉はいつもの蒼白い額を一層蒼白にしていた。 織田作之助『夜光虫』より引用
  • と、傴僂の柳三四郎は、蒼白あおじろひたいに深い哀愁のいろをうかべながら語り出した。 横溝正史『血蝙蝠』より引用
  • 頼子は小野木の腕に助けられて歩いたが、蒼白い額には黒髪が乱れ、さすがに息苦しそうだった。 松本清張『波の塔(上)』より引用
  • いよいよ事面倒であると言いたそうに、権右衛門は子細らしく顔をしわめて見せると、師冬も蒼白い額に深い皺をきざませた。 岡本綺堂『小坂部姫』より引用
  • すると白羊は、この真っ昼間からあおむけになって、いぎたなく寝ていたそうですが、まるで悪夢でも見ているように、その蒼白い額には汗の玉が浮かんでいる。 山田風太郎『自選恐怖小説集 跫音』より引用
  • 頬をげつそり落して、蒼白い額を獄砦の円木の隙間へ押しあてて、若芽の燃え出た黄緑色の草原のずつとかなたから漂うて来るキルギスの娘の唄に耳を傾けてゐた。 横光利一『犯罪』より引用
  • いつも灰色の小猫が、背中を丸めてうずくまっているベランダに、真白い着物を着て、紫のリボンで蒼白い額を捲いて坐っている。 宮本百合子『一つの出来事』より引用
  • 相変らず例の派出はではかま穿いて、蒼白あおしろい額ににじんだ汗をこくめいに手拭てぬぐいいている。 夏目漱石『永日小品』より引用
  • まゆとそれから濃い眸子ひとみ、それが眼に浮ぶと、蒼白あおしろい額や頬は、磁石じしゃくに吸いつけられる鉄片てっぺんの速度で、すぐその周囲まわりに反映した。 夏目漱石『行人』より引用
  • 濃いまゆとそれから濃い眸子ひとみ、それが目に浮かぶと、蒼白あおじろい額やほおは、磁石に吸い付けられる鉄片の速度で、すぐその周囲まわりに反映した。 夏目漱石『行人』より引用
  • 宮崎は蒼白あおじろひたいに垂れかかる多い髪の毛を、ピアニストのような細い指でかきあげながら、沈痛なほおにできるだけ冷ややかな笑いを刻んで、さて次ぎのような驚くべき話を始めたのである。 横溝正史『誘蛾燈』より引用
  • 次へ »