蒼白い肌

6 の用例 (0.00 秒)
  • 蒼白あおじろい肌の若い女優に声をかけた。 半村良『石の血脈』より引用
  • やせた細おもてに蒼白あおじろい肌をして、なめらかでしみひとつなかった。 ディック/仁賀克雄訳『宇宙の操り人形』より引用
  • ほっそりとしていた身体は痩せ細り、蒼白い肌は黄色くなった。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(3)』より引用
  • ブロック医師は冴えない蒼白い肌の持主で、目が異様に輝き、髪は黒くつややかだった。 シムノン/矢野浩三郎訳『モンマルトルのメグレ』より引用
  • それは貧しい衣服、化粧一つしない顔、そしていかにも病身げな蒼白い肌などのせいで、容貌そのものはまず十人並といっていい。 山田風太郎『明治波濤歌(上) 山田風太郎明治小説全集 9』より引用
  • 蒼白い肌の女はタフである。 川上宗薫『感度の問題』より引用