蒼白い眼

18 の用例 (0.00 秒)
  • 蒼白い眼は気味が悪いが、そこに浮かぶ表情はどちらかというと必死だった。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える3』より引用
  • 死んだような雪は蒼白い眼で彼等を眺めた。 豊島与志雄『現代小説展望』より引用
  • シールシャは顔をあげ、蒼白い眼をした青年に視線を戻した。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える2』より引用
  • レノックス自身、初めはジャックの蒼白い眼を不気味に感じていた。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える2』より引用
  • 男はカウンターに五十ポンド札を置き、蒼白い眼で見上げた。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える3』より引用
  • 大胆に言ってのけた少女は、今度はちょっと畏怖いふするようにジャックの蒼白あおじろい眼を覗き込んだ。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える1』より引用
  • 彼は蒼白い眼で哀しそうにただ十字架を見つめた。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える3』より引用
  • ジャックは蒼白い眼を細めてしばらく考え込んでいたが、おもむろに口を開いて言った。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える1』より引用
  • 京子は蒼白い眼をして坐つたなりに俯向いてゐた。 田中貢太郎『あかんぼの首』より引用
  • その鋼鉄のような蒼白い眼から冷たい殺意がひらめいた。 ムーア『大宇宙の魔女―ノースウェスト・スミス』より引用
  • 蒼白い眼と小さな脳味噌と喧嘩の拙さとを、俺は先祖のゴオル人達からけ継いだ。 小林秀雄『考えるヒント 4 ランボオ・中原中也』より引用
  • 昼ごろ、仏頂面ぶっちょうづらをした太陽が、霧の晴れ間からのぞきかけて、あお白い眼を薄目にあけたが、またすぐつぶってしまう。 ルナール・ジュール『博物誌』より引用
  • 多血質の養父とは違って、彼は痩形の色の蒼白い眼のするどい、見るからに神経質らしい、何となく尖った感じをあたえるような男であった。 岡本綺堂『小坂部姫』より引用
  • ジャックの蒼白あおじろい眼がレノックスの視線を受け止める。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える1』より引用
  • 蒼白い眼が見下ろした。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える3』より引用
  • 蒼白い眼がじろりとこちらをける。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える1』より引用
  • 蒼白あおじろい眼が間近で見つめる。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える3』より引用
  • 蒼白い眼が見上げる。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える4』より引用