蒼白い月の光

11 の用例 (0.00 秒)
  • 皆、蒼白い月の光の中に氷結したようにシインと並んで立っていた。 夢野久作『戦場』より引用
  • どこの庭にも蒼白あおじろい月の光があった。 田中貢太郎『女賊記』より引用
  • 蒼白い月の光は、静かな芝草の上やくさむらの上に流れていた。 ルブラン・モーリス『奇巌城』より引用
  • 礼拝堂の一つは月の神の殿堂で、同じ構想が全部銀で表現され、蒼白い月の光を反映することになる。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (前編)』より引用
  • 何ともさびしい場所で、蒼白あおじろい月の光が黒々とした藁の屋根に斜めに差している。 サド/澁澤龍彦訳『ソドム百二十日』より引用
  • 暗い木影から出る毎に、薄靄の上に蒼白い月の光の流れてる谷間の景色が、眼の下にすぐ見渡される。 豊島与志雄『道連』より引用
  • そして他の連中が歩き続けているあいだに、彼は蒼白い月の光に映える蒼白な顔に似たすばらしい尻を、手で探ってみた。 アポリネール/須賀慣訳『一万一千本の鞭』より引用
  • 女囚人たちの部屋を訪ねる蒼白い月の光が、ひさしヽヽヽの穴ごしに、女王のベッドの足もとの窓から、対角線を描いて光を投げかけていた。 アレクサンドル・デュマ/鈴木豊訳『赤い館の騎士(中)』より引用
  • やがて遅い月が登り、蒼白い月の光が障子を仄あかるくした。 藤原晋爾『秋津温泉』より引用
  • そこには、まる天井の高い窓から、蒼白あおじろい月の光がさして、白い紗に蔽われた森厳な巨像は、銀色に照らされていました。 高神覚昇『般若心経講義』より引用
  • 漲っている蒼白い月の光を浴びて、宮川茅野雄から五間あまりの彼方かなたに、肥えた長身の三十五六歳の武士が、抜き身をダラリと引っ下げた姿で、こっちを見ながら立っていたが、髪は大束おおたぶさの総髪であった。 国枝史郎『生死卍巴』より引用