蒼白い月

35 の用例 (0.00 秒)
  • すでに大きな雲塊と雲塊の間に蒼白い月が凍りついたような顔を覗かせていた。 黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(上)』より引用
  • 階段の窓を通りすぎるときは、蒼白い月があまり大きいのにおどろかされた。 ウルフ/中村佐喜子訳『燈台へ』より引用
  • 皆、蒼白い月の光の中に氷結したようにシインと並んで立っていた。 夢野久作『戦場』より引用
  • 蒼白い月に照らされた田舎道を私は幸福な思いで乳母車に乗っている。 高橋克彦『蒼い記憶』より引用
  • 折り重なった広い葉の上から光が洩れて、中は蒼白い月の世界だ。 上西晴治『十勝平野(上)』より引用
  • 窓の外の蒼白あおじろい月を眺めながら、ファナはそうつぶやいてみた。 犬村小六『とある飛空士への追憶』より引用
  • どこの庭にも蒼白あおじろい月の光があった。 田中貢太郎『女賊記』より引用
  • 蒼白い月の光は、静かな芝草の上やくさむらの上に流れていた。 ルブラン・モーリス『奇巌城』より引用
  • 礼拝堂の一つは月の神の殿堂で、同じ構想が全部銀で表現され、蒼白い月の光を反映することになる。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (前編)』より引用
  • 大きな蒼白い月が、彼女にそうさせたのだ。 マンスフィールド/江上照彦訳『園遊会』より引用
  • 蒼白い月の下で、私は彼ら夫婦に別れた。 徳田秋声『蒼白い月』より引用
  • 何ともさびしい場所で、蒼白あおじろい月の光が黒々とした藁の屋根に斜めに差している。 サド/澁澤龍彦訳『ソドム百二十日』より引用
  • 蒼白い月が、ふたたび顔をのぞかせて、雲の流れに隠れた。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • 降り注ぐものは新鮮な竹の葉に雪のごとく結晶し、君を思へば蒼白い月天がいつもその上にかかる。 萩原朔太郎『月に吠える』より引用
  • 私は池の端の縁側に腰掛けて、その蒼白い月を眺めた。 玄侑宗久『禅的生活』より引用
  • 暗い木影から出る毎に、薄靄の上に蒼白い月の光の流れてる谷間の景色が、眼の下にすぐ見渡される。 豊島与志雄『道連』より引用
  • 蒼白あおじろい月が風に吹き倒されたかのように横たわり、透明な寒冷紗かんれいしゃのような雲がちぎれちぎれに飛んでいた。 スティーヴンスン/日高八郎訳『ジーキル博士とハイド氏』より引用
  • そして他の連中が歩き続けているあいだに、彼は蒼白い月の光に映える蒼白な顔に似たすばらしい尻を、手で探ってみた。 アポリネール/須賀慣訳『一万一千本の鞭』より引用
  • 蒼白い月が風に吹きかえされたかのように仰向きになって懸っていて、まるで透きとおった寒冷紗のような薄雲うすぐもが一つ空を飛んでいた。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『ジーキル博士とハイド氏の怪事件』より引用
  • 蒼白い月もさることながら、満天の星は凍てつきながら降るごとく地上に光を送っていた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • 次へ »