蒼白い光り

20 の用例 (0.00 秒)
  • 軒先に蒼白い光りが流れているのを見ると、月も出ているらしかった。 豊島与志雄『田原氏の犯罪』より引用
  • それは彼女が枕にしていた古い髑髏で、月の前に蒼白く光っていた。 岡本綺堂『玉藻の前』より引用
  • 無数の青い実が蒼白い光りを浴びて、光りに磨かれて生々と浮びあがつた。 牧野信一『蔭ひなた』より引用
  • この市の人びとは夜は早く仕舞ってしまうので、人も犬も通らない道に街灯だけが蒼白く光っている。 開高健『私の釣魚大全』より引用
  • その手だけが蒼白く光っている。 吉田知子『無明長夜』より引用
  • 西の空がときどきさっとあお白く光っていた。 横溝正史『悪魔の家』より引用
  • 夜気に濡れた電車のレールが、薄暗い中に蒼白く光っていた。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 人が箱の蓋をしっかりめるのを忘れたと見え、いっもとちがって、蒼白あおじろい光りが上の方からさして来ます。 宮原晃一郎『椰子蟹』より引用
  • その手にある短刀が、か細い一筋の月光を受けて蒼白く光った。 福永武彦『風のかたみ』より引用
  • 霜を含んだ夜気やきは池の水の様にって、上半部をいた様な片破かたわれ月が、はだかになった雑木のこずえに蒼白く光って居る。 徳冨蘆花『みみずのたはこと』より引用
  • 更衣室は暗く、窓は蒼白く光っていた。 マンスフィールド/江上照彦訳『園遊会』より引用
  • 雨が少し小止こやみになって、雷が激しくなってきますと、ぴかりとする稲妻いなづま蒼白あおじろい光りを受けて、濡れた金の日の丸が、なお一層輝いてきました。 豊島与志雄『雷神の珠』より引用
  • カーテンをどう工夫しても、都心の夜の放つ蒼白あおじろい光りをさえぎることは出来なかった。 森瑤子『ある日、ある午後』より引用
  • 捧げた刀は月光をまとって、さばの腹のように蒼白く光り、柄の頭が額にかかって、その影が顔をくまどっている。 国枝史郎『娘煙術師』より引用
  • 雪渓の傾斜は段々増し、その最上部は相当急でもあり、表面が融けかたまったのか、あるいは激しい雪崩なだれの圧力のためか、氷のように蒼白く光っていて靴鋲ネールが充分喰込まないような所もあって、ピッケルを持たない二人のために二、三度確保したりする。 小川登喜男『一ノ倉沢正面の登攀』より引用
  • 丁度沖の彼方へ月が昇つて、海も陸も蒼白く光りました。 牧野信一『船の中の鼠』より引用
  • 枕もとにすわってその寝顔を見ていると、流れたアイ・シャドウや煤煙でくしゃくしゃになっているのにはだが十八歳の少年のように蒼白く光り、胸をつかれた。 開高健『ずばり東京』より引用
  • 春も半ばとなつて菜の花もちりかかるころには街道のところどころに木蝋を平準ならして干す畑が蒼白く光り、さうして狐憑きつねつきの女が他愛もなく狂ひ出し、野の隅には粗末な蓆張りの円天井が作られる。 北原白秋『水郷柳河』より引用
  • 春も半ばとなつて菜の花もちりかゝるころには街道のところどころに木蝋を平準ならして干す畑が蒼白く光り、さうして狐憑きつねつきの女が他愛もなく狂ひ出し、野の隅には粗末な蓆張りの圓天井が造られる。 北原白秋『思ひ出』より引用
  • 髪は燐光をまとい、蒼白く光っていた。 水戸泉『ヴァンパイア・プリンセス』より引用