蒼白い光

71 の用例 (0.00 秒)
  • 月がおぼろに上って、満山雪に覆われた林の中を蒼白い光が流れている。 山田風太郎『戦中派不戦日記』より引用
  • 夜がするすると落ちて、瓦斯燈の蒼白い光の中へ沈んで消えていた。 織田作之助『青春の逆説』より引用
  • それが明らかに見えるほど、地上には蒼白い光が漂い出していた。 山田風太郎『幻燈辻馬車(下)』より引用
  • 雲の間から大きな星が強い蒼白い光を放っていた。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 落ちかかった月の蒼白い光が横からぼんやり射し込んでいたが、見れば誰もいなかった。 国枝史郎『首頂戴』より引用
  • ぼっと向うに蒼白あおじろい光がさしているのが見えて来たのだ。 山田風太郎『銀河忍法帖』より引用
  • 彼は月の蒼白あおじろい光が櫟の枝にほんのりとかかった色彩のぐあいに眼をつけた。 田中貢太郎『草藪の中』より引用
  • いや、前方の蒼白い光は、もう四、五メートルも先にぼうっと見える。 山田風太郎『銀河忍法帖』より引用
  • その蒼白い光の中に黒い姿が立っていた。 松本清張『絢爛たる流離』より引用
  • テレビの画面だけが、チラチラと蛍光色の蒼白い光を放っていた。 南里征典『田園調布真紅夫人』より引用
  • 窓の下に暮れかかった雪の街路が見え、アーク燈の蒼白い光がうつっている。 宮本百合子『道標』より引用
  • 人生の奥底まで見抜こうとするような、蒼白あおじろい光を帯びた視線が、そこにあった。 斎藤栄『まぼろしの完全犯罪』より引用
  • そこでは、蒼白い光のうちで冥鬼どもが霊魂を責めさいなんでいた。 フランス/岡野馨訳『舞姫タイス』より引用
  • かわりに蒼白あおじろい光を帯びた月が夜空にかんでいる。 清野静『時載りリンネ!1 はじまりの本』より引用
  • 一方がガラス戸になっていて、この家の自慢の庭に、蒼白い光の照明が当たっていた。 松本清張『波の塔(下)』より引用
  • しかし或る夜、喬はやみのなかの木に、一点の蒼白い光を見出した。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • ダブリンの町とその湾とは、蒼白あおじろい光にあわただしい雑音を織返していた。 富ノ沢麟太郎『あめんちあ』より引用
  • 奥方の坐っているあたりが、その冷たい蒼白い光に照らされていて、その中に彼女の頭が見えている。 ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(3)』より引用
  • まだ日の出には一時間近くあるが、東方の水平線にはびようと蒼白い光が流れかけていた。 山田風太郎『同日同刻 ―太平洋戦争開戦の一日と終戦の十五日』より引用
  • しかしある夜、喬はやみのなかの木に、一点の蒼白あおじろい光を見出した。 梶井基次郎『ある心の風景』より引用
  • 次へ »

蒼白い光 の使われ方