蒼白い

全て 形容詞
1,634 の用例 (0.02 秒)
  • その蒼白あおじろい額の中にあるいはこのくらいな事を考えていたかも知れない。 夏目漱石『行人』より引用
  • お幾は何と云ってよいのか分らずに蒼白い小さいお恵さんの面を眺めた。 宮本百合子『加護』より引用
  • その蒼白あおじろい額の中にあるいはこのくらいなことを考えていたかもしれない。 夏目漱石『行人』より引用
  • 蒼白あおじろ鬼魅きみ悪い肉体の感じは緑青色の蛇の腹の感じといっしょになった。 田中貢太郎『文妖伝』より引用
  • 娘の唇はその輪郭が顔のほかの部分と区別がつきかねるほど蒼白かった。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(5)』より引用
  • 蒼白いために車の隅を明るくさせているような顔を、下から見ていた。 コクトー/佐藤朔訳『恐るべき子供たち』より引用
  • 弟はそっとそれとその前にある黒眼鏡をかけた兄の蒼白い顔とを見較べた。 十一谷義三郎『青草』より引用
  • 部屋のなかから顔を出した細君は代助を見て、蒼白あおじろい頬をぽっと赤くした。 夏目漱石『それから』より引用
  • 女の顔は蝋のように蒼白く、この世のものでない恐しい美しさであった。 松村みね子『かなしき女王』より引用
  • 雲の影は去り、蒼白い坂の上の空地には、猫の子一匹もいないのだった。 山田風太郎『自選恐怖小説集 跫音』より引用
  • 人々が、額を蒼白くして、腋の下に汗を出して、刃の音のした方を見た。 直木三十五『南国太平記』より引用
  • 斜めにさしてくる太陽のくれないの光が、蒼白い草の上をそっと照らしている。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『猟人日記(下)』より引用
  • とにかく、これで夜釣りの温泉客が見た海の蒼白い鬼火の正体は知れた。 松本清張『黒の様式』より引用
  • 蒼白い顔になった私を見ながら、阿仁連平は煙をこっちに吐きつづけた。 松本清張『火と汐』より引用
  • 部屋のなかから顔を出した細君は代助を見て、蒼白あをじろほゝをぽつと赤くした。 夏目漱石『それから』より引用
  • 黒いの着物を着ているために、ますますその蒼白い顔が目立っていた。 川上宗薫『赤い夜』より引用
  • こうして半刻も経った頃には夕陽が消え月が出て四辺は蒼白くなりました。 国枝史郎『天草四郎の妖術』より引用
  • 玄児は言葉を切り、蒼白い顔全体を引き攣らせるようにして薄く笑った。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • わずか数日のことであったのに、彼はみるみる蒼白く憔悴しようすいしてしまった。 山田風太郎『信玄忍法帖』より引用
  • そうして両方の頬と額の色が見る見るうちに蒼白あおじろく変って行った。 夏目漱石『明暗』より引用
  • 次へ »