蒸暑い

全て 形容詞
109 の用例 (0.00 秒)
  • その辺りはひどく蒸暑かったから、小さい農園が見えたときには喜んだ。 フーリック/大室幹雄訳『中国湖水殺人事件』より引用
  • 梅雨のうちですから無やみと蒸暑い事もありますが、何でもありません。 知里幸恵『手紙』より引用
  • 蒸暑い毎日だが、幾松がいつもそばにいるので、心はいくらか安らいだ。 古川薫『桂小五郎(上)』より引用
  • ああ、こんな蒸暑い中で雪や寒さを思うのは、なんという慰めだろう。 チェーホフ・アントン『グーセフ』より引用
  • むんむんしてひどく蒸暑い上、風は午後になって著しく速度を増した。 福永武彦『風土』より引用
  • ところが、庭は蒸暑いので帽子を脱ぐと、帽子の中にも妻が一人坐つてゐる。 平井肇『ディカーニカ近郷夜話 後篇』より引用
  • 今日の昼間は妙に蒸暑く、海岸に打ち寄せる波が不断の二倍も大きかった。 井伏鱒二『多甚古村』より引用
  • その夜は遠雷がいつまでもとどろき、雨は来ずに寝室は蒸暑かった。 中井英夫『とらんぷ譚』より引用
  • 座へ出る、今日も亦ギッシリ十分の入り、蒸暑いのによく来ることである。 古川緑波『古川ロッパ昭和日記』より引用
  • 「どうも蒸暑い」というとI君は「絵もアツイ絵ばかりだから」という。 寺田寅彦『二科展院展急行瞥見』より引用
  • 実際二科院展の開会日に蒸暑くなかったという記憶のないのは不思議である。 寺田寅彦『烏瓜の花と蛾』より引用
  • 朝から雲が低く江戸中が釜の中にいるように蒸暑かった。 子母沢寛『父子鷹 下巻』より引用
  • 月はよかつたが蒸暑い夜だつた、飲みすぎたので寝苦しかつた。 種田山頭火『其中日記』より引用
  • 盆前なのでお墓まゐりが多い、今日はいちにちどんより曇つて蒸暑かつた。 種田山頭火『一草庵日記』より引用
  • 雨模様の空の間から射し出す太陽がいやに蒸暑むしあつくてあの単調な路が殊更ことさら長く思えた。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 庭園のちんだったと思われもいたしますが、それにしましては空気が非常に蒸暑すぎました。 フーリック/大室幹雄訳『中国湖水殺人事件』より引用
  • 蒸暑かった一日がいまはうっとうしい夜に変わろうとしていた。 フーリック/大室幹雄訳『中国湖水殺人事件』より引用
  • 高輪の家の蒸暑い夏の夜なぞは彼は奥の部屋の畳の上に倒れて死んだように成っていることもあった。 島崎藤村『新生』より引用
  • 折々又夏に戻ったかと思うような蒸暑いことがある。 森鴎外『雁』より引用
  • 四時すぎ、昼のうちの蒸暑さはなく、林の若葉を渡る風が涼しい。 高田宏『言葉の海へ』より引用
  • 次へ »

蒸暑い の使われ方