蒋介石率いる

62 の用例 (0.01 秒)
  • 蒋介石率いる中華民国政府は同年中国大陸を離れ台湾を拠点とするようになる。
  • 以上の戦略に関する合意は、ソビエト連邦と蒋介石率いる中国にも連絡された。
  • その多くは、蒋介石率いる国民党の弾圧的な方針に対する幻滅を示している。
  • 彼らは国共内戦後の中国大陸から逃れてきた蒋介石率いる中国国民党の軍隊に属している兵士が多かった。
  • この後、蒋介石率いる中国軍やオーストラリアを経由したイギリス軍の支援を受けて日本軍に対するゲリラ活動を行っていた多数の中国系住民が摘発された。
  • なお、これに伴いアメリカと蒋介石率いる中華民国の国交は断絶されることになった。
  • 戦後は日本人は引き上げ、代わりに蒋介石率いる国民党軍が駐留するようになった。
  • これ以外にも中独合作によって蒋介石率いる国民革命軍にも少数が輸出されており、日中戦争では日本軍の戦車に対して十分な効果を発揮したと思われるが、数が少ない上に中国軍の戦術が稚拙なためか目立った活躍はない。
  • 蒋介石率いる中華民国となってもその状況は継続され、1941年当時香港はイギリスが極東に持つ唯一の海軍基地であった。
  • また、チュシ・ガンドゥクは、蒋介石率いる台湾の中華民国政府からの援助も受けていた。
  • 一方で、蒋介石率いる台湾の国民党政府に経済的・軍事的供与を与え、アメリカの同盟国とする上に、中国に対する情報収集の拠点とすることを画策した。
  • この時に国交樹立まで至らなかったのは中華民国との関係があり、アメリカは防衛条約まで結んでいる関係で、このことにより蒋介石率いる中華民国との関係がギクシャクしたが結果的に断交することはなく、今日に至ってもアメリカは台湾への影響力は失っていない。
  • 台湾の漢民族は、戦前から台湾に居住している本省人と、国共内戦で敗れた蒋介石率いる国民党軍と共に台湾に移住した外省人に分かれる。
  • また、当時は日華事変の最中であり、日本軍と蒋介石率いる中華民国国民党政権と交戦中であることから、運行されている航空便の乗員だけでなく乗客の多くは日本人とその関係者であった。
  • 日中戦争が激化すると、日本軍はベトナムから蒋介石率いる国民政府への輸送ルートを遮断すべく、北部仏印に進駐する。
  • おおむね反共の立場からの、蒋介石率いる中華民国政権に対して好意的な人物を指す。
  • しかし米英首脳はカイロ会談で日本への無条件降伏を目指しており、そのためには中国大陸にいる100万人の日本陸軍を撃ち破ってくれる味方の地上軍が必要であり、その役割を蒋介石率いる中国軍に当てはめた。
  • その後関東軍はわずか5ヶ月の間に全満洲地域を占領したが、張学良は蒋介石率いる中華民国政府の指示により、まとまった抵抗をせずに満洲地域から撤退し、間もなく満洲一帯は関東軍の支配下に入った。
  • 当然ながら、蒋介石率いる中国国民党を「孫文の遺訓に背いた」として敵視していた。
  • 法理独立とは、中華民国において蒋介石率いる国民党政府が、台湾住民による国政選挙の実施などの要求を拒否する際、非難の意味を込めて用いた概念である。
  • 次へ »