葵花宝典

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • どうやら「葵花宝典」の一部だけを見て、それを修得しようとしていたらしい。 ...
  • 納得した二人の弟子はそれぞれに「葵花宝典」を残した。 ...
  • だが東方不敗は教主しか見ることが許されない「葵花宝典」の内容に心奪われていた。 ...
  • そして、自らが教主となり「葵花宝典」を我が物として修得した。 ...
  • すでに彼は「葵花宝典」の極意を悟っていたのである。 ...
  • こうした内乱状態の最中、日月神教の度重なる侵攻のうちに気功流と剣術流の「葵花宝典」が奪われてしまう。 ...
  • 「葵花宝典」はいつしか福建少林寺にわたり、そこに記された難解な技を解明するために日夜研究を続けられていた。 ...
  • そもそもの創始者は「葵花宝典」を編み出した前王朝のある宦官。 ...
  • 葵花宝典は、金庸の武俠小説『秘曲 笑傲江湖』に出てくる架空の技。 ...
  • 「葵花宝典」の担当であった大師は自らの死の間際、邪悪な内容を後世に伝えまいとして「葵花宝典」を燃やしてしまう。 ...
  • また、武術の修練が三度の飯より好きなのだが、葵花宝典だけは「こんなアホなこと、する気にもなれん」と放置し、教主復帰後に破棄している。 ...
  • ある時華山派の弟子である岳粛と蔡子峰が少林寺を訪れ、書物庫で偶然に「葵花宝典」を見つけ、それぞれが別々に盗み見た。 ...
  • 代々伝わる「葵花宝典」を身につけてはいないが、相手の内功を吸い取る「吸星大法」を習得している。 ...
  • 葵花宝典を華山派から奪った日月神教の教主任我行は、「吸星大法」の副作用に悩まされていた。 ...
  • 東方不敗は「葵花宝典」を会得し令狐冲、任我行ら当代屈指の使い手四人がかりでさえ軽くあしらうほどの強さを誇った。 ...