落着かない気分

17 の例文 (0.00 秒)
  • その人間が横に坐って自分の腿に掌をおいているのが、落着かない気分であった。 ...
  • 前に坐ったソロは、眉をしかめ、ちょっぴり落着かない気分だった。 ...
  • 日が暮れかかり、睦男は落着かない気分のまま鯨井の店へいった。 ...
  • あらためて警備室の威光を思い知らされ、ますます落着かない気分にさせられた。
  • 私は落着かない気分になった。 ...
  • 圭一は、望月に言われて急に落着かない気分になった。 ...
  • 貧乏性のせいであろう、こういう時私はどうも申しわけないというか落着かない気分になり、ゆっくりと賞味出来なくなってしまう。 ...
  • 町にくる途中、牛島から送られた新聞記事のコピーが眼の前にちらつき、落着かない気分だった。 ...
  • ぼくは曖昧あいまいにうなずき、店の中に入ってすぐ三千円のことを言いだせなかったので、ひどく落着かない気分になっていた。 ...
  • 長助が勇んで旅立って行ってから、東吾は落着かない気分で勤務の終ったあと、深川へ立ち寄った。 ...
  • 飛行機の中は、予想通り、そこら中に新婚さんがいて、綾子は落着かない気分になっていた。 ...
  • しかし中央にあるべきものを、ばらばらに分割してサイドテーブルに移した場合、そのあとがいやに間が抜けて見えるし、とにかく形といい三脚の不安定さといい、朝子はつかうたびにいつも落着かない気分にさせられた。 ...
  • 男の独身社員はもちろん、窓ぎわの冴えないオジサンまでがなんとなく落着かない気分になる。 ...
  • 柳田も落着かない気分だった。 ...
  • そうしてまた、この矛盾むじゆんした二つの感情が、たがいにこくし合う後ろには、境遇きようぐう急激きゆうげきな変化から来る、落着かない気分が、今日の天気のように、うすら寒くひかえている。 ...
  • そうして又、この矛盾した二つの感情が、互にこくし合ううしろには、境遇の急激な変化から来る、落着かない気分が、今日の天気のように、うすら寒く控えている。 ...