落とす羽目

6 の用例 (0.00 秒)
  • お文は実の母親の手に掛かって命を落とす羽目になった幼い少女の宿命がどうしても納得できなかった。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さんだらぼっち』より引用
  • 達川という記者にしても、この件に深入りしすぎたせいで、命を落とす羽目になったのではないか。 今邑彩『翼ある蛇(「蛇神」シリーズ第2巻)』より引用
  • 振り回されるその拳を一撃でもまともに食らえば、再び誰かが命を落とす羽目になる。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • だが、少なくとも、平本の前では、刀剣協会に連絡した、とうそをつくべきだったな、そうすれば、命を落とす羽目にはならなかった。 佐竹一彦『新任警部補』より引用
  • このレースでは、終盤に燃費と水温上昇の関係で大きくペースを落とす羽目になり、ゴール時には2位のシューマッハがすぐ背後にまで迫っている状態であった。
  • 逃げまわる哲ちゃんを追いかけまわして、小刀かなんかで小突きまわしているうちに、なにかのはずみでビンちゃんが命を落とす羽目になったのであろうか。 横溝正史『金田一耕助ファイル20 病院坂の首縊りの家 上』より引用

落とす羽目 の使われ方