落とすところ

75 の用例 (0.00 秒)
  • ただ最後にキイチが左手首を落とすところは見ないわけにはいかなかった。 石田衣良『電子の星 池袋ウエストゲートパーク4』より引用
  • 三歳のときには、風邪から肺炎になり、危く命を落とすところであった。 西村京太郎『失踪計画』より引用
  • ベーズモーは唇に持って行った葡萄酒ワインの杯をもう少しで落とすところだった。 アレクサンドル・デュマ/石川登志夫訳『鉄仮面(上)』より引用
  • 呆気にとられて、ぼくは持っていた煙草をあぶなく下に落とすところだった。 口有介『ぼくと,ぼくらの夏』より引用
  • 彼はあわてて受話器をつかんだので、危なく電話を机から落とすところだった。 カー/仁賀克雄訳『死が二人をわかつまで』より引用
  • 二人だけの家なのに急に声を落とすところがいかにも不安そうで、郷子は思わず笑った。 平安寿子『くうねるところすむところ』より引用
  • 弟子が気をかせなければ、危うく命を落とすところだったわけだ。 椹野道流『鬼籍通覧5 禅定の弓』より引用
  • この当惑させる出来事は2つの点を除いてギアリーの評判を落とすところだった。
  • 裕生ひろおはもう少しで手にもっていた木ベラを落とすところだった。 三上延『シャドウテイカー1 黒の彼方』より引用
  • ことにこの後者では、私たちはもう少しでしい命まで落とすところだったのだ。 ドイル/延原謙訳『シャーロック・ホームズの叡智』より引用
  • わざとその逆をやったために、あやうく一命を落とすところだった。 ディック/朝倉久志訳『アンドロイドは電気羊の夢をみるか』より引用
  • もう少しできみは命を落とすところだったぞ。 ジェイムズ・ブリッシュ『10 最後〔オメガ〕の栄光』より引用
  • 徳兵衛がそばにいたら、間違いなく信用を落とすところである。 藤沢周平『よろずや平四郎活人剣(上)』より引用
  • ララを池に落とすところは見なかったけど、と私は言った。 小池真理子『柩の中の猫』より引用
  • チェリーは小さく身震いし、もう少しでビンクをはね落とすところだった。 ピアズ・アンソニイ『魔法の国ザンス01~カメレオンの呪文~』より引用
  • おれがいなかったら、銀次郎は命を落とすところまでは行かないにしても、不具となることを免れなかったろう。 藤沢周平『秘太刀馬の骨』より引用
  • 自分の足もとに落ちた弾丸に、岩吉は命を落とすところであった。 三浦綾子『海嶺(下)』より引用
  • ベッドの上に寝ている人物の、顔のほうへ目をやっては、また、その目を膝の上に落とすところをみると、寝ている人物の肖像でもかいているのであろうか。 横溝正史『金田一耕助ファイル11 首』より引用
  • でも、そのためにきみはあやうく命を落とすところだった。 パトリシア・コーンウェル『証拠死体』より引用
  • 彼はまたたく間に敵に取り囲まれ、あやうく命を落とすところだった。 水野良『魔法戦士リウイ 第00巻』より引用
  • 次へ »