落とす

全て 動詞
6,872 の用例 (0.01 秒)
  • いつ何時なんどき仲間が、そして私自身が命を落とすことになるかも知れぬとな。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • ページに率いられて、疲れきった様子の両親が肩を落とす席に移動した。 石田衣良『アキハバラ@DEEP』より引用
  • 若いほうが今までかいでいた白い花を三四郎の前へ落として行った。 夏目漱石『三四郎』より引用
  • 最後の一枚を床に落とすと、彼女はゆっくりと毛布の中から顔を出した。 吉田修一『最後の息子』より引用
  • その際、犯人は何かを落としたらしく、それを拾おうとしたようだった。 海月ルイ『プルミン』より引用
  • 小松の影を落とした川の中淵なかぶちを右手に望みながら、また彼は歩き出した。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • わずかに甲板の電灯だけが風に揺られて、甲板に動く影を落としていた。 イネス/皆藤幸蔵訳『銀塊の海』より引用
  • 力攻めはせずに明らかに兵糧攻めで、落とそうとするかのようであった。 新田次郎『武田勝頼(二)』より引用
  • 硝子戸に月がとした影は、モーニングだけの影ではなかったのでした。 海野十三『崩れる鬼影』より引用
  • つまり、あなたのお考えでは犯人は被害者の首を斬り落とそうと試みた。 横溝正史『貸しボート十三号』より引用
  • けれど、あまりあわてたのでくつをかたほう落としてきてしまいました。 新美南吉『子どものすきな神さま』より引用
  • 馬足にものをいわせて寄ったと見るや、一合いちごうもさせずに馬から叩き落とす。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第03巻 「白亜宮の陰影」』より引用
  • ということはたぶん、最初から袋に入れたまま落とすかして割ったのだ。 篠田真由美『未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • この国の人々にとって、公園建設の目的は、観光客の落とす金であった。 ニコル『C・W・ニコルの自然記』より引用
  • 座部はないが、尻を落とすだけなら、なんとか坐っていられそうだった。 ステーマン作/松村喜雄訳『マネキン人形殺害事件』より引用
  • 君は正直に、崖から投げ落とされることを期待して、ぼくについてきた。 アシモフ/川口正吉訳『暗黒星雲のかなたに』より引用
  • ひと動きすれば、わたしは彼を下の街路に投げ落とすこともできたろう。 ディケンズ/北川悌二訳『ピクウィック・クラブ(上)』より引用
  • 悪いことをなさって天から落とされたお方ではないように思われますが。 宮沢賢治『双子の星』より引用
  • 誰からも恐れられて、息子の謀反で命を落とすそのときまで戦い抜いた。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • そういうふうな散歩はすっかり評判を落としてしまうものではあるが。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 次へ »