落とさざるを得

17 の例文 (0.00 秒)
  • しかし最終的には隊員の基準は当初よりも落とさざるを得なかった。 ...
  • 結局相場通りの補償額に落とさざるを得なかったが住民は再び態度を硬化。 ...
  • しかしその後は思ったように集まることはなく最終的にはシェンノートが理想としていた基準は落とさざるを得なかった。 ...
  • 戦術レベルでは同日第34任務部隊で大型艦から小型艦に給油を行うため数時間速度を落とさざるを得なくなる場面などがあったが、後方の港湾まで後退するようなことはなかった。 ...
  • さらに、製造したRDFが充分に利用されず、RDF製造プラントの稼働率を落とさざるを得なかった事例も出た。 ...
  • 線路保守の状況がまだ十分といえるものでなかったため速度を落とさざるを得なかったのだが、最後尾には一等展望車が連結され、食堂車もこの時営業を再開するなど、それまで荒廃した車両を使用していた列車が大半だった時代と比べれば、相当画期的な列車であったことには違いない。 ...
  • 自動運転の行動限界に達したために、自動運転の運転支援レベルを下位に落とさざるを得なくなった際は、ドライバー自身に通知をした上で下位に移行させる必要があるとしている。 ...
  • このレースでは、終盤に燃費と水温上昇の影響でペースを落とさざるを得ず、チェッカー時には2位のシューマッハがすぐ背後にまで迫っている状況での勝利だった。 ...
  • 停戦後も非公式部隊ゆえにこの部隊群の所属者は「存在しない」ため軍への復帰が認められず、社会外に放逐され、それがランデルのように各地を放浪したり、903CTTのように野盗団へ身を落とさざるを得ない者たちを生んだ。 ...
  • しかし冷帯でも寒帯にほど近い地域になると、冬の寒気があまりにも厳しすぎるため葉を落とさざるを得なくなり、落葉針葉樹が生育するようになる。 ...
  • この航海では、陸奥の為に艦隊速力を16ノットに落とさざるを得ず、瑞鶴の乗組員は不安になったという。 ...
  • その他、カーブなどで案内軌条からの脱輪が多発し、架線柱を薙ぎ倒す等の事故を引き起こしたため、走行スピードを落とさざるを得ず、定時運行が出来なくなるなどのシステム上の脆弱さも発生している。 ...
  • しかし、この制御方式は性能面で優れるが、空気バネ式車体傾斜に用いた場合、誤って曲線外軌側へ車体を傾斜させることが考えられることや、制御中止時に曲線通過速度を落とさざるを得ないため、センサ式をバックアップとして用いている。 ...
  • しかし、マックスを演じるベリスのイメージが脳裏に焼き付いていた製作スタッフは、ベリスをオーディションで落とさざるを得なかった。 ...
  • アルトゥーナのアルトタワーからウエスト・ホィートフィールドのコンピットまでかなりの登りがあり、アレゲニー・リッジにかかると速度を落とさざるを得ない。 ...
  • マン島のジュニアクラスでマッキンタイヤは全7ラップ中4ラップまでリードしていたが、ブレーキのオーバーヒートとサスペンションのトラブルでペースを落とさざるを得ず、モト・グッツィのビル・ロマスの先行を許してしまった。 ...