落ち込む

全て 動詞
764 の用例 (0.01 秒)
  • そう認識にんしきしたところで、宗介の意識いしきは深いやみの中へと落ち込んでいった。 賀東招二『フルメタル・パニック!05 終わるデイ・バイ・デイ(下)』より引用
  • 過去にも落ち込んだことはあったけれど、それには明確な理由があった。 田口ランディ『ハーモニーの幸せ』より引用
  • どこまでも秘密から秘密へと落ち込んで消えていく筋合のものであった。 横光利一『厨房日記』より引用
  • と叫びたくなるが、そんな元気があるわけもなくまた落ち込んでしまう。 梅田みか『愛人の掟1』より引用
  • 急に足元に穴が開いて、その中へ落ち込んでしまったような感じだった。 原田宗典『海の短編集』より引用
  • 彼は泥濘から外に出たと思ってる時に、ますますそれに落ち込んでいた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 細い腕で力無く頬杖をつき、大きな椅子の中に身体を落ち込ませていた。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • ただちょっと、事実を公然と指摘されて落ち込んでしまっただけなのだ。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第07巻』より引用
  • これで会長が余計に落ち込んだって、もう俺には責任とれないからなっ! 葵せきな『生徒会の二心 碧陽学園生徒会議事録2』より引用
  • 角島十角館のあの事件のあと、ずいぶんひどく僕は落ち込んでいたから。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • 確かにここ最近は落ち込んでいたが、それは客がつかなかったせいだ。 玉木ゆら『月にむらくも、恋嵐』より引用
  • 遠子先輩が、本以外は眼中にないと聞いて、落ち込んでいるのだろうか。 野村美月『文学少女シリーズ15 “文学少女”と恋する挿話集4』より引用
  • その穴は意外に深く、彼は落ち込む途中でいやというほど頭を打った。 海野十三『四次元漂流』より引用
  • そう言いながら、彼は特別に落ち込んでいるわけでもなさそうだった。 大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン グミ編』より引用
  • あなたと私のいわば共犯なのですから、そこまで落ち込まないで下さい。 丈月城『カンピオーネ! 02 魔王来臨』より引用
  • 突然、シーンとした沈黙が、この殺風景な部屋のなかに落ち込んできた。 横溝正史『スペードの女王 v0.9』より引用
  • 連続での作戦失敗に落ちんでいると、今度は知弦さんが声をかけてきた。 葵せきな『生徒会の三振 碧陽学園生徒会議事録3』より引用
  • 道はますます狭まり、岩の間をかなり急な傾斜をもって落ち込んでいた。 泡坂妻夫『湖底のまつり』より引用
  • 妙に元気があったり落ち込んでいたり、桜は不自然に躁鬱なときがある。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用
  • 右を見ても左を見ても、数十メートルの傾斜を作って落ち込んでいる。 阿刀田高『花惑い』より引用
  • 次へ »