落ち着けるため

46 の用例 (0.00 秒)
  • 心を落ち着けるための、どうでもいい話だった。 片山憲太郎『電波的な彼女01』より引用
  • 命中騒ぎのあと、みんな気分を落ち着けるため酒を飲みはじめたそうだが、これがまずかった。 近藤紘一『サイゴンのいちばん長い日』より引用
  • 気持ちを落ち着けるために一服したかったのだ。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • また、書道はシラヌイに嫌われた際、心を落ち着けるために次々と書いていたことがある。
  • 秋葉は、気分を落ち着けるためか、いつもの紅茶を口にした。 奈須きのこ『歌月十夜 20 夢姫』より引用
  • 皆の視線が一斉に向けられた時、気を落ち着けるため、ゆっくり大頭の方に目を向けると、まずは大きく一呼吸を入れた。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 意味がわからないというより、気持を落ち着けるために立っていたいという雰囲気だったから、仲本はしつこくうながさなかった。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 気を落ち着けるため、胸ポケットから、くしゃくしゃの煙草を一本抜き出し、火をつけた。 近藤絃一『したたかな敗者たち』より引用
  • 耕助は気を落ち着けるために、|煙草《た ば こ》を一本とりあげてゆっくりとくゆらした。 横溝正史『死仮面』より引用
  • 身を落ち着けるために、モーガンは長老派教会に入り、1782年にはウィンチェスターの近くに新しい家を建てた。
  • 他にも夏に引退し次の繁殖シーズンまで1年近くあったにもかかわらず、気性を落ち着けるためにさらに1年間種牡馬入りを遅らせる等数々の努力が試みられたが、この気性の悪さは生涯直らなかった。
  • エドガーは気持ちを落ち着けるために、給仕が運んできたジンをのどへ流し込む。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第04巻 恋人は幽霊』より引用
  • 気持ちを落ち着けるために、一連の作業を進める。 新津きよみ『愛読者』より引用
  • 気分をけるためである。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第01巻』より引用
  • そして、気分を落ち着けるためにワインでも一本開けようかと思ったとき、部屋の片隅に置いてある留守番電話の赤いランプがチカチカと点滅しているのに気がついた。 吉村達也『ふたご』より引用
  • 十五秒間のベルは座席で坐って、心を落ち着けるために聞くが、終わるとすぐにもう、いつもの峯岸婦警が、大薬缶やかんで配るお茶を、デスクで飲んでる暇もなくみな飛び出して行ってしまう。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • 爪の先が白くなるほど強く受話器を握りしめ、あせる自分を落ち着けるために低く話し続けるなつみの額に、フーと汗のしずくが流れ落ちた。 大槻ケンヂ『新興宗教オモイデ教』より引用
  • 私は心を落ち着けるために丸い林檎飴をしきりに舐めてから、文学部のとなりで見つけた古本市を眺めました。 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』より引用
  • 気持ちを落ち着けるためか。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • 動揺した内心を落ち着けるために時間が欲しく、ロレンスは時間をかせぐためにとっさにそうはぐらかした。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅰ (電撃文庫)』より引用
  • 次へ »