落ち着ける

全て 動詞
337 の用例 (0.00 秒)
  • 天吾は気持ちを落ち着けるために、グラスを手にとって水を一口飲んだ。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • 僕をして尻を落ち着けさせてくれる気持ちのいいところがないからなのだ。 辻潤『ふもれすく』より引用
  • 三人はリングサイドにある予約席の札が立つテーブルに腰を落ち着けた。 石田衣良『アキハバラ@DEEP』より引用
  • 蒋実は筆を置き、自分を落ち着けるようにゆっくりと茶杯に口をつけた。 仁木英之『薄妃の恋 僕僕先生』より引用
  • クリストフはそれらのことを感じてはいたが、少しも落ち着けなかった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • こうしたなかで泰子さん一家は新住宅地の一角に初めて腰を落ち着けた。 近藤紘一『戦火と混迷の日々』より引用
  • そこが唯一、不安定な気持ちを落ち着けることのできる場所にも思えた。 片山恭一『雨の日のイルカたちは』より引用
  • そんな子にこんな近くにいられて落ち着けるのは、男としてどうかと思う。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • そんな麗子は再び椅子に腰を落ち着けると、テーブルにグラスを置いた。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで3』より引用
  • 汗くさいユニホームの中に自分をおかなくては落ち着けない気分だった。 近藤唯之『運命を変えた一球』より引用
  • 目を閉じ、いつまでも聞いていたくなる単調な蹄の音で心を落ち着ける。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅠ Side ColorsⅡ』より引用
  • 犯人がいなくなっても、まだ落ち着けなかったのはわたしだけでした。 佐竹彬『カクレヒメ 第02巻』より引用
  • 北鎌倉の家が一年ごとによそよそしいものになって落ち着けないのだ。 平岩弓枝『湯の宿の女』より引用
  • 彼は、江戸に腰を落ち着けて、二年ばかりゆっくりと市中を尋ね歩いた。 菊池寛『仇討三態』より引用
  • と私は無理に気を落ち着けて、風船の山を上から下へと調べていった。 海野十三『柿色の紙風船』より引用
  • 逃亡の日々はしばらくの間忘れて、ここに腰を落ち着けて羽を休めよう。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その4』より引用
  • ようやく落ち着けたから、悠舜も自分のこと考える余裕よゆうができたんだぜ。 雪乃紗衣『彩雲国物語 外伝 2 藍より出でて青』より引用
  • あたしはいつも、家の中に他人がいるような、落ち着けない気持だったわ。 荒巻義雄『「新説邪馬台国の謎」殺人事件』より引用
  • 椅子いすに腰を落ち着け、しばらく間を置いてから、スパークは切りだした。 水野良『新ロードス島戦記1 闇の森の魔獣』より引用
  • 気分を落ち着けるために深呼吸をしながら、僕は心の中で呟いていた。 乾くるみ『リピート』より引用
  • 次へ »