落ちる

全て 動詞
12,677 の用例 (0.03 秒)
  • 川の中に落ちるかと思ったのに、それよりもずっと手前に落ちたのである。 海野十三『火星兵団』より引用
  • そんなに海のそばまでいったら海に落ちるから嫌だ、と僕は言ったそうだ。 片岡義男『ラハイナまで来た理由』より引用
  • するとむろん、家だけがその自然の落下速度より早く落ちることになる。 キャロル/柳瀬尚紀訳『シルヴィーとブルーノ』より引用
  • 中から赤と金の何かがジョージの手のひらに落ちるのをハリーは見た。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05a ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上)』より引用
  • これを防ぐ良心ある店は、二重の苦悩の中に落ちることとなるのである。 中井正一『「良書普及運動」に寄せて』より引用
  • ところが、よくしたもので、色が落ちるといって苦情が来たことがない。 坂口安吾『明日は天気になれ』より引用
  • それゆえ、警官の手に落ちるようなことは、自分の名を汚すことになる。 林田清明『死生に関するいくつかの断想 』より引用
  • 同時に、波の静かな港の中で、砂の上に静かに落ちる海の音をきいた。 松村みね子『浅瀬に洗う女』より引用
  • とても家の中にいることが出来ない人々は、陽が落ちるとみな外へと出ます。 林真理子『本朝金瓶梅』より引用
  • 船の窓から眺めていると、雪とも霙ともつかないのが水の上に落ちる。 島崎藤村『千曲川のスケッチ』より引用
  • この手紙があなたの手に落ちるころには、私はもうこの世にはいないでしょう。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 要するに心易い同士の議論だから、負けても勝っても結局笑いに落ちる。 内藤鳴雪『鳴雪自叙伝』より引用
  • 一羽のすずめでさえ神の思し召しがないかぎり、地に落ちることはない。 永井隆『この子を残して』より引用
  • その度に私の身体は、だらしなく砂の中へ舞ひ落ちる靄のやうであつた。 坂口安吾『ふるさとに寄する讃歌』より引用
  • ふり落ちる涙をおさえおさえ、旗男はようやく街道に出ることができた。 海野十三『空襲警報』より引用
  • ここにおいてかせっかく降りようとくわだてた者が変化して落ちる事になる。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • 爆弾が落ちる前にどこか遠くへ逃げていたとも思えないのです。 光瀬龍『明日への追跡』より引用
  • コゼットはそれを見もしなければ、その落ちる音をも耳にしなかった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • そんなことをして地獄に落ちるより、死んで極楽に行ったほうがまだいい。 星新一『城のなかの人』より引用
  • その度に私の身体は、だらしなく砂の中へ舞い落ちる靄のようであった。 坂口安吾『ふるさとに寄する讃歌』より引用
  • 次へ »