落ちこむところ

6 の用例 (0.00 秒)
  • この動きのために、ぼくはあやうく海へ落ちこむところだった。 スティーヴンスン/田中西二郎訳『宝島』より引用
  • 狭い板をふみはずして、破滅の海へ落ちこむところは、誰にも見られなかった。 ウルフ/中村佐喜子訳『燈台へ』より引用
  • 彼ももうすこしで、その穴に落ちこむところだった。 ヴェルヌ/江口清訳『気球旅行の五週間』より引用
  • 叡山の東麓、つまり近江側の山脚が琵琶湖に落ちこむところに坂本がある。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • 毒づく声は相変わらず元気だが、京也の状態は落ちこむところまで落ちこんでいた。 菊地秀行『魔界都市〈新宿〉』より引用
  • ミランダをだきしめようとして、わたしはとびあがったので、あやうく水にちこむところでした。 ロフティング『ドリトル先生物語02巻 ドリトル先生 航海記』より引用