落ち

全て 動詞 名詞
61,895 の用例 (0.02 秒)
  • 子どもの額からは苦悶くもんの汗が血のしたたりのように土の上に落ちました。 ストリンドベリ・アウグスト『真夏の夢』より引用
  • しかしそこには上から落ちてきた岩のかけらが、小さい山をなしていた。 海野十三『宇宙戦隊』より引用
  • またそこに落ちていた物がわれわれ人類の作ったものではないと思われる。 海野十三『三十年後の世界』より引用
  • 涙で描いた眼くまの紅が頬にしたたれ落ち顎に流れてもかまわなかった。 岡本かの子『荘子』より引用
  • そのとき博士は、屏風岩の上に一冊の雑誌が落ちているのに気がついた。 海野十三『軍用鮫』より引用
  • 男は意外な顔をして何かをさぐるやうな落ち付かない目で室を見まはした。 伊藤野枝『惑ひ』より引用
  • 川の中に落ちるかと思ったのに、それよりもずっと手前に落ちたのである。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 海の中に落ちた水兵は一生懸命に片手を挙げ、何かおお声に叫んでいた。 芥川竜之介『三つの窓』より引用
  • 聴く人よりも話す人の方が、いかにも腑に落ちないような顔をしていた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • そのとき撮影録音機のはいっている包みがごとんと音をたてて下に落ちた。 海野十三『怪星ガン』より引用
  • 不意におのおのの体内で何か重いかたまりがどしんと落ちたような気がした。 岡本かの子『決闘場』より引用
  • 俺は落ち付いた調子で多分東京へやってくるつもりなのでしょうといった。 伊藤野枝『出奔』より引用
  • しかしその何かを感じてゐることは必ずしも人後に落ちないつもりである。 芥川竜之介『文芸的な、余りに文芸的な』より引用
  • そして二人候補者ができたのだが、ついに父の手にそれが落ちたのだそうだ。 大杉栄『自叙伝』より引用
  • 小鼻が落ちて、唇の色が変って、白くなった額には、油汗が流れている。 芥川竜之介『ひょっとこ』より引用
  • 彼の河へ落ちた所は、ほかの若者たちがいる所と大して離れていなかった。 芥川竜之介『素戔嗚尊』より引用
  • 鉄水母の上に、幾千幾万という煉瓦が、一度に滝のように落ちかかった。 海野十三『海底大陸』より引用
  • この木箱の落ちたところは、ちょうど例の怪塔の扉の前でありました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 海嘯つなみのやうに人の波が押し寄せる中に家は火の海になつて燃え落ちた。 飯田蛇笏『秋風』より引用
  • この分なら、川へ落ちたって水を飲むまでで生命いのちには別条はないのに。 泉鏡花『河伯令嬢』より引用
  • 次へ »