華やかに彩る

20 の用例 (0.00 秒)
  • 意味なく体操部たいそうぶの男どもはその背後でそろって連続側転、リングをはなやかにいろどる。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第05巻』より引用
  • とはいえ、この季節、宝生邸の庭をもっとも華やかに彩るのは、もちろん桜である。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで3』より引用
  • 声と同時に打ち上がる夜の花火が祭の始まりを華やかに彩る。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • かくて有名プロにいたと称する元タレントで、東京の盛り場は華やかに彩られる。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • ベビーピンクの袖が空中に広がり、尾崎の大きな体を華やかに彩った。 藤本ひとみ『華麗なるオデパン』より引用
  • その右のほうには、彼の家の煙突が、入り日に華やかに彩られた木立の上に、そびえていた。 ウェルズ/赤坂長義訳『月世界最初の人間』より引用
  • 正教会の祭服は華やかに彩られるものが多いが、こうした祭服は基本的に奉神礼の際のみに着用され、奉神礼以外の場面で着用するのは写真撮影時などに限られる。
  • 玄関やベランダ、そして美古都の部屋は、色とりどりの草花ではなやかにいろどられていた。 三雲岳斗『レベリオン 第02巻』より引用
  • 上衣は白絹だがは赤、緑、黄と華やかに彩られている。 黒岩重吾『落日の王子 蘇我入鹿(上)』より引用
  • ユスティニアヌス1世の治世下に建てられたバシリカ式教会堂も現存し、北アフリカのローマ都市の住居群を華やかに彩ったモザイクの床板もいくらかは現存している。
  • 感動とか絶望とか、そういった熱い感覚の嵐に身をゆだねたのはもう過去のことだし、日常の小さな嘘の積み重ねは依然としてあっても、人生を華やかに彩る劇的な嘘とは無縁となった現在、自分は何者なのかと尋ねるのには、ある種の勇気がいる。 森瑤子『さよならに乾杯』より引用
  • ヒステリックで暴力的な暗い側面とは対照的に、この時代を華やかに彩るきわめてアメリカ的な社会現象や大衆文化を代表したのは、科学万能の消費生活を背景に登場した自動車王ヘンリイ・フォードによる大衆車T型フォードとハリウッドに本拠地をかまえたサイレント映画の二大ブームであった。 小鷹信光『アメリカン・ヒーロー伝説』より引用
  • この時期、オーデンヴァルトの麓は、たくさんの果樹の花で白やピンクに華やかに彩られる。
  • 胸元から足先まで体にそって流れ落ちる水のようなスリップのラインを、シルクの光沢が華やかに彩っている。 藤本ひとみ『華麗なるオデパン』より引用
  • 持統三年からその後、約十年間にわたって万葉を華やかにいろどる謎の歌人、柿本人麻呂は幻のように現れ、そして消えた。 藤村由加『人麻呂の暗号』より引用
  • 基本的には、クリスマスソングにのせて花火が夜空を華やかに彩るエンターテイメントである。
  • 孔雀くじやくに続く控えの間は、政官界、財界の著名人が次々と詰めかけ、その夫人たちの色とりどりの衣裳で、華やかにいろどられていた。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • また、この付近を始め、作並 - 山寺間などで、秋は紅葉によって車窓が華やかに彩られる。
  • マドリガーレの発達やトレント公会議のポリフォニーの禁止によって、イタリアを中心として、フランドルスタイルのポリフォニーを捨てて、歌詞や物語を劇的に表出することや、ディミニューションと呼ばれる装飾で音楽を華やかに彩る考え方が発展していった。
  • 紅の花が、白いマットを華やかに彩る。 高千穂遙『ダーティペアシリーズ02 ダーティペアの大逆転』より引用