菩提樹の木陰

8 の例文 (0.00 秒)
  • 菩提樹の木陰には緑色の丸テーブルが置かれ、周りは椅子が取り囲んでいた。 ...
  • 大きな菩提樹ぼだいじゆの木陰から先生の部屋の窓めがけて石を投げつけた。 ...
  • 長い城壁は狭い散歩道に沿って菩提樹の木陰にまで続いている。 ...
  • 恋に破れた若者が旅立つ時に、以前は町の門の前にある菩提樹の木陰で甘い夢を見ていたことをなつかしむ歌。 ...
  • 屈辱くつじょくになる少女と、一連の動きにも無反応だったヴィルヘルミナだけが、涼風りょうふうに波打つ芝と菩提樹ぼだいじゅの木陰の中に残された。 ...
  • 部屋や、あるいは夕方、ルュクサンブール公園の菩提樹ぼだいじゅの木陰で、本を読んでいると、六法全書を手からすべり落としたまま、エンマの思い出にふけることがよくあった。 ...
  • 男は菩提樹の木陰に横たわり、何事も起こらなければよい、万事好転すればよいと願いながら、花びらが体の上に覆いかぶさるのに任せる。 ...