莫家

30 の例文 (0.02 秒)
  • 彼はこれをアイデアにとどめず可能とした軍事家として評価されている。 ...
  • 主人が練習に疲れて家に帰って来て、もう音は聞きたくないという。 ...
  • 再び病気が悪化したという理由もあるが、政治家を目指したからでもある。 ...
  • ただし、伊能家の状況は必ずしも順風満帆ではなかったとする説もある。 ...
  • 現代でも旧・家臣団が鳴沢家当主の法要に列席するために集まってくる。 ...
  • 江戸時代には家元四家を中心としたプロ組織もでき、興隆の時期を迎えた。 ...
  • 幹部に昇進すれば京都に家を持ち、妻子や妾を迎えることが許された。 ...
  • 当時の名門家では文武両道を旨とし知的教育と並んで体育も奨励された。 ...
  • 著名な作曲家の墓は一か所に集められており、訪れる日本人も多い。 ...
  • 当時のソ連で楽譜が公に出版された唯一の日本人作曲家である。 ...
  • アルキメデスもすぐには答えられず、いったん家に帰って考えることにした。 ...
  • モスクを使わず、礼拝は宗教指導者の家に集まって行われることが多い。 ...
  • 国家国民のためにならない政治家が生まれるのは問題だ。
  • 古寺の多くは、訪れる人もない寂莫たるところに真の風情をみせてゐる。 ...
  • またこれらとは別に家兵などと呼ばれる節度使の私軍を抱えることが多い。 ...
  • ユーゴー家はロレーヌの農民の出だが、父親はフランス革命以来の軍人。 ...
  • 一方で、各国で映画史的な研究が評論家によって精力的に行われていた。 ...
  • グラミー賞はミュージシャンや音楽評論家から批判を受けることがある。
  • イギリスでは、批判的な活動家がロンドンにある店舗を爆破し、逮捕された。 ...
  • 州内からはアダムズ家やケネディ家など多くの著名政治家を輩出してきた。 ...
  • 独特の丸い形状の家はハインライン自身が妻と共同で設計したものである()。 ...
  • 休莫覇は莎車との戦いで死んだが、翌年その兄の子の広徳が賢を殺した。 ...
  • 被害額は当時にして約2億ドル、家を失った人は10万人に上ったという。 ...
  • 姫君を形成する容量は莫大故、送るのは一瞬だが現れるには時間がかかる。 ...
  • 生まれてからしばらく、昼間のうちは親戚の家に預けられて育てられていた。 ...
  • 間に立ったのは布枝の母の弟で、この叔父の妻の実家が武良家の遠縁だった。 ...
  • その為、沼地の多い中巨摩地域では、舟を所有していた家も多かった。 ...
  • そしてその場所に巨大な家を建てさせたのである。 ...