荒唐無稽な説

8 の用例 (0.00 秒)
  • 一時はこれは荒唐無稽な説と考えられたが、現在ではほぼ定説の位置にある。
  • 主に資料を綿密に調査し、荒唐無稽な説はあえて排除した歴史小説を手掛ける。
  • 八坂神社と秦氏の関連性には荒唐無稽な説も存在するが、客観的見地からしても強い関連性がある。
  • これらの荒唐無稽な説は、1887年にイタリアのメッシーナ海峡で成熟卵をもつ雌が発見されたことにより、初めて科学的に否定された。
  • この説の特徴は「アトランティスは沈んでいない」ので構造地質学的な問題が全く発生しないとされている点であるが、そもそも大陸の気候帯が急激に変動するような自転軸移動自体が地質学的にありえないとされているので大陸沈没同様荒唐無稽な説である。
  • これらの説については、そもそも日本人は風水を信じているものが少なく、荒唐無稽な説であって、黒田は「韓国社会におけるある種の伝説」と断じている。
  • 分国論自体は韓国優越の民族主義に根ざす荒唐無稽な説で学界では全く支持されなかったものの、当時の一般的な通説に対し一石を投じ、既存通説から逸脱した自由奔放な歴史解釈の嚆矢となった。
  • 一方でサーチナによると、広東省の地元紙・羊城晩報に掲載された論説で、「中国共産党陰謀説」は「荒唐無稽な説」としながらも「劉少奇が盧溝橋事件を起こした」「劉少奇が盧溝橋で、日本軍と戦った」との記述が、共産党支配区域で配られた「戦士政治読本」と言うパンフレットに確かに書かれていると伝えている。