荒唐無稽な話

54 の用例 (0.00 秒)
  • 荒唐無稽な話だが、大金を取るにはこういうやり方のほうが向いている。 畠中恵『百万の手』より引用
  • あまりにも荒唐無稽な話で、波留が咄嗟とっさに信じられないのは当然だった。 水戸泉『ヴァンパイア・プリンセス』より引用
  • どんなに努力したって、そんな荒唐無稽な話は受け入れられるものではない。 山本弘『審判の日』より引用
  • 荒唐無稽こうとうむけいな話だと思っていたのだが、それはこうして現実に起きてしまっている。 白瀬修『おと×まほ 第04巻』より引用
  • 僕の語る荒唐無稽な話が信じられぬとしたら、それは僕の語り方のまずさの故です。 小島信夫『アメリカン・スクール』より引用
  • そのときの彼には、そんな荒唐無稽な話を追跡する気力さえなかった。 エリスン『世界の中心で愛を叫んだけもの』より引用
  • オレだって、こんな荒唐無稽むけいな話を好きでしてるわけじゃないのだ。 滝本竜彦『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』より引用
  • こんな荒唐無稽むけいな話で、我々の恐怖をあおり立てようというのだろうか。 貴志祐介『クリムゾンの迷宮』より引用
  • そんな荒唐無稽こうとうむけいな話が信じられるわけがないではないか。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • だいいち、こんな荒唐無稽な話、信じてもらえると思わなかったからさ! 宮部みゆき『クロスファイア下巻』より引用
  • コルとロレンスの大きなちがいは、その荒唐無稽こうとうむけいな話を信じられるかどうかだけ。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅵ』より引用
  • ナルサスも例外ではなかったが、あまりに荒唐無稽こうとうむけいな話では信じる気になれない。 田中芳樹『アルスラーン戦記06』より引用
  • そして彼は例の荒唐無稽こうとうむけいな話を一つみずから語り始めた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • そのような荒唐無稽な話が、少なくとも対日本に関してはまだ信じられる素地があったのだろう。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 他の人間が言った言葉ならば、いくらコウでも荒唐無稽こうとうむけいな話だと聞き流していたことだろう。 児玉ヒロキ『イット』より引用
  • 第一、こんな荒唐無稽な話をそう簡単に信じるとも思えない。 鈴木光司『らせん』より引用
  • 主人にとっては、いまおそらく貴下がお考えになっているのと同じように、荒唐無稽こうとうむけいな話に聞こえました。 ドイル/延原謙訳『シャーロック・ホームズの事件簿』より引用
  • どんな荒唐無稽な話でも、頷くことがカウンセリングの第一歩であるという。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 09 贄殺し編』より引用
  • それなら鬼の伝説よりも荒唐無稽な話に違いない。 高橋克彦『星の塔』より引用
  • よくまあそんな荒唐無稽こうとうむけいな話をこね上げたものだ。 泡坂妻夫『死者の輪舞』より引用
  • 次へ »

荒唐無稽な話 の使われ方