荒唐無稽な設定

12 の用例 (0.00 秒)
  • 作品当初はギャグ要素を織り交ぜつつも比較的真面目な作品だったが、徐々に荒唐無稽な設定が登場するようになっていった。
  • それまでのスーパーカーや荒唐無稽な設定のレースものとは違い、国産市販自動車のチューニングを扱った草分け的な作品である。
  • 元より夢オチが前提のストーリーであるため、藤田が江戸時代にタイムスリップするという荒唐無稽な設定となっている。
  • 公開当時は、左派を攻撃していた保守派が実は共産党のスパイであるという複雑怪奇なプロットや洗脳などの荒唐無稽な設定から、どれだけリアリティがあるのか見当がつかないとも評されたが、翌年にはケネディ大統領暗殺事件が起き、時代を先取りしたとも言われた。
  • 原作となったアニメ映画の描写を踏襲しながらも、『クレヨンしんちゃん』世界での荒唐無稽な設定を残さず、また、次のようなストーリに係わる変更を行っている。
  • 射精すれば世界滅亡という荒唐無稽な設定は、エロ系青年漫画の約束事の一つである「寸止め」の理由となっている。
  • その内容はオカルト要素の強い荒唐無稽な設定やホラー的な結末を用いつつも、全体的にはミステリやサスペンスの要素が強いものであったが、狭義のミステリの定義には当てはまらないものであったために、最終選考には残ったものの、推理小説のための賞である横溝正史賞での入選は逃す。
  • 前番組『噂の刑事トミーとマツ』同様に荒唐無稽な設定で、同番組の主演俳優である松崎しげると国広富之も引き続きレギュラーとして出演している。
  • 遺児の五右衛門は武智光秀に育てられたため、久吉は五右衛門にとって実父・養父両方の仇となっているなど、荒唐無稽な設定となっている。
  • また、オペラの終幕でヴェスヴィオ山が噴火するという荒唐無稽な設定が当時大いにうけ、上演回数を増やしていき、1828年の初演以来1880年までにパリだけで500回上演を記録するなど、19世紀ヨーロッパにおいて最も人気のあるオペラという地位を確立した。
  • あまりにも荒唐無稽な設定や特徴的な台詞回しにより、ゲーム雑誌「ユーゲー」で「ナチュラルボーンバカゲー」と絶賛された。
  • 監督の本多猪四郎は撮影に入る前に、助監督の梶田興治とともに1か月近く東京大学理学部天文学科へ通い、畑中武夫率いる畑中教室の堀教授に、「地球移動」という荒唐無稽な設定の科学的考証を依頼した。