荒唐無稽な展開

7 の用例 (0.00 秒)
  • 作者自身が「ストレス発散のために書いた」と公言している通り、荒唐無稽な展開と設定が特徴である。
  • 賑やかな内容であるが、中盤から荒唐無稽な展開が多くなり、多くの謎は最後まで明らかにされることなく、唐突に結末がつけられている。
  • この辺りは史実はどうという検証をするのが馬鹿馬鹿しいほど荒唐無稽な展開になり、また敵味方ともに妖術の使用が目立つ。
  • 物語は、ごく普遍的な高校生活の緻密な描写と、荒唐無稽な展開を組み合わせた内容となっており、主人公である男子高校生キョンの視点から一人称形式で進行する。
  • 再び宋と遼との戦争が始まるのであるが、ここからは八仙である呂洞賓が遼に、漢鐘離が宋に就いて徐々に荒唐無稽な展開になってゆく。
  • 当時はまだ珍しかったポリゴンによる表現とSF映画の様な荒唐無稽な展開で、明瞭な言語として聞き取れる台詞は一切無く、ポリゴン描画による映像と場面によって挿入される音楽演出で全てを表現する。
  • 苦沙弥先生殺害の容疑者でのある寒月、東風らが上海にあらわれ、ホームズものの好敵手、モリアーティーも上海に現れると、物語は「食人豚」などの動物兵器や寒月の時間旅行の装置などが登場し、荒唐無稽な展開を見せる。