荒唐無稽な作品

6 の用例 (0.00 秒)
  • 主な舞台は伊豆半島沿岸部から国内にとどまらず、荒唐無稽な作品世界が展開する。
  • 長らく荒唐無稽な作品として軽視されていたが、20世紀以降再評価されるようになった。
  • また、後者の例に多いが、一時のブームに乗ってゲーム作家など異業種からの参入が相次いだことや、現実にはありえない超兵器が登場したり、未来のテクノロジーを過去へ持ち込んだりなど、荒唐無稽な作品も数多い。
  • そして、どう見ても杜撰な、荒唐無稽な作品である『雨月物語』を書いた自分は、そんなひどい目に遭うわけがない、と謙遜している、ように見える。
  • 今日で言う「ディストピア」を描き、ヴェルヌが生きていた19世紀における、科学・産業革命を賞賛する風潮とは一線を画した内容となっていたため、出版社はこれを『暗く荒唐無稽な作品』として出版しなかった。
  • シリーズお馴染みの手押し車を橇に仕立て、雪山でスキースタントを決行した、それまで以上に荒唐無稽な作品となっている。