草絵

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 以後、NHK学園も含め各地で教室を持ち、世界でも草絵を教え個展を開催。 ...
  • 草絵は草木染めの、糊で貼り付けた際に捲れにくい手漉きの和紙を使う。 ...
  • いわゆる浅草絵の奔放遒勁しゅうけいなる筆力は椿年よりはむしろ隆古から得たのであろう。 ...
  • 草絵は、下絵を描かずに、切った和紙を台紙に貼り付けて創る日本画のこと。 ...
  • 「草絵は少々はみ出していても、足りなくても、個性や自分というものの命があふれているようなもの」としている。
  • そんな妣田だが、生活すべて自然体で、草絵の創作も意の向くまま深夜でも着手。 ...
  • こうして草絵が誕生した。 ...
  • その理由は「今の世の中はそつなく、水準をちょっとでも超えてやれる人が褒められる」ためといい、「でも草絵は少々はみ出していても、足りなくても、個性や自分というものの命があふれているようなものであってほしい」から。
  • これが、草絵の始まりだった。 ...
  • 吟香ぎんこうさんはそのころの私たちを、「絵草絵の中の何とか」とか、「錦絵にしきえの中の何とか」とか形容してくれて、これはほんとうに冷汗ひやあせものですが、意味はちがうでしょうが、私自身も当時をふりかえると、まるで絵の中で暮していたようなふしぎな感じがします。 ...
  • 椿岳歿後、下岡蓮杖が浅草絵の名を継いで泥画を描いていたが、蓮杖のは椿岳の真似をしたばかりで椿岳の洒脱と筆力とを欠き、同じ浅草絵でも椿岳のとは似て非なるものであった。 ...
  • 草絵だけでなく、常磐津節や邦楽にも造詣が深く、舞踊家として大阪産経会館で創作舞踊リサイタルを開いたり宮内庁で舞楽を舞ったりした。 ...
  • 和紙を切り台紙に貼って作り上げる日本画『草絵』を創始した。 ...
  • 妣田から草絵を教わった日刊新聞『秋田魁新報』の人見誠治社長夫人の人見琴は、草絵の魅力について「草書のように形が極端に省略」され、「自然の色を使うため、色同士がケンカしない」渋さと調和と表現。
  • 日本画「草絵」の創始者。 ...