草深い

全て 形容詞
224 の用例 (0.00 秒)
  • おそらく彼らは、草深い農村から連れてこられた武士ではないのだろう。 三雲岳斗『カーマロカ 将門異聞』より引用
  • しかし、草深い方まで探せば十匹は殺されているだろうということだった。 上西晴治『十勝平野(上)』より引用
  • そこを出ればまたもこんな草深いあばら家に寝なければならないのか。 吉川英治『新書太閤記(十)』より引用
  • 青年の背後で丸みを帯びた草深い丘が地平線の役割を果たしていた。 クーパー『(闇の戦い4)樹上の銀(完)』より引用
  • 草深い谷間川たにあいがわに沿って歩くと、やがてかなり道幅のひろい坂へかかった。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • そして草深い里へご帰館あそばしたのは元旦の午前三時を過ぎていた。 矢口純『酒を愛する男の酒』より引用
  • わたしは草深い小山の上に登ってこしをかけると、犬も後ろについていた。 マロ・エクトール・アンリ『家なき子』より引用
  • 川の土手の村を見おろす草深い丘の上で、ベルガラスがふたりを待っていた。 エディングス『マロリオン物語08 ダーシヴァの魔女』より引用
  • ところが、ここに、草深い田舎のくせに珍しい偽装殺人事件が起った。 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用
  • 祖母の骨は六川集落の男衆が掘ってくれた草深いかやの下に埋められた。 南木佳士『阿弥陀堂だより』より引用
  • 私は中学を出れば草深い田舎に帰り百姓になる当てしかない。 嘉村礒多『途上』より引用
  • こんな草深い家に埋れさせるのも勿体もったいなく存じますので、さし上げます。 田辺聖子『新源氏物語』より引用
  • 二人は新婚旅行に出かけたが、その行先はなんと草深い東旭川村であった。 小堺昭三『男の切れ味(下)』より引用
  • 北は高花東は草深、南東は松崎台、南は松崎、西は船尾に隣接している。
  • わずかの間に二人の父を失った彼女は、草深い片田舎かたいなかに埋もれている気はなかった。 長谷川時雨『松井須磨子』より引用
  • それ、こうやって草深い露を踏み分けて来たじゃありませんか。 田辺聖子『新源氏物語』より引用
  • 彼はこの主張のために戦ふ草深い戦場の一つをそこに見出した。 岸田国士『荒天吉日』より引用
  • 「六人で固まるんだ」とメリマンが草深い斜面を先頭に立って歩き出した。 クーパー『(闇の戦い4)樹上の銀(完)』より引用
  • こういった事情のため、草深原は「奇跡の原っぱ」とも呼ばれている。
  • 突然、沈黙を護っている草深い塚の上にいるのは彼らふたりばかりではなくなった。 クーパー『(闇の戦い4)樹上の銀(完)』より引用
  • 次へ »