茶色に染め

94 の用例 (0.00 秒)
  • 学校にかよっているのかいないのか、髪を茶色に染めてだらしない服を着た男の子たちが、笑いながら渡っているところだった。 重松清『カカシの夏休み』より引用
  • 右側では髪の毛を濃い茶色に染めた中年の男が、いらいらした様子で盛んに何か叫んでいた。 五十嵐貴久『TVJ』より引用
  • 僕の股間こかんでは茶色に染めた髪が規則正しく上下している。 大石圭『殺人勤務医』より引用
  • 茶色に染めた髪が汗でれていた。 馳星周『夜光虫』より引用
  • 秋にもかかわらず褐色に日焼けし、髪を茶色に染めたその男は、二十歳前後の年格好だった。 貫井徳郎『天使の屍』より引用
  • 明るい茶色に染めた上着の肩が細かく震えているのは、次から次へと襲ってくる笑いの発作のせいだ。 茅田砂胡『ポーラの休日 (扉最適化)』より引用
  • 背は低く横に広く好い形に育った小松がそのみどりの葉の所々を赤茶色に染めて居るのは木のために良い悪いなんかは別にしてただ奇麗なものだ、そして又極く美術的なものだ。 宮本百合子『旅へ出て』より引用
  • 風は強くても、空は澄みわたり、ローツェの夕映えは岩峰を赤茶色に染めた。 植村直己『青春を山に賭けて』より引用
  • 髪を茶色に染め、化粧が濃い女が多いのだ。 林真理子『初夜』より引用
  • やや長めの髪を茶色に染め、黒いシャツを着ていた。 岩井志麻子『恋愛詐欺師』より引用
  • 明るい茶色に染めた髪に軽くパーマをかけている。 打海文三『時には懺悔を』より引用
  • 髪の毛を赤茶色に染めた娘は、皿を置くと、店に流れる音楽に合わせるように尻を振りながら歩み去った。 板東眞砂子『死国』より引用
  • 大学生なのかフリーターなのか、茶色に染めた髪を肩まで垂らしたひょろりとした男だ。 有栖川有栖『海のある奈良に死す』より引用
  • 心持ち茶色に染めた豊かなソバージュヘアをしているだの、口紅の色がやや暗い赤だのということも意味はない。 有栖川有栖『海のある奈良に死す』より引用
  • 髪を赤茶色に染めており、「生理」だからと見学をしていた。 大沢在昌『悪夢狩り』より引用
  • 肩の少し上のあたりで切り揃えた、艶やかでまっすぐな黒い髪は、茶色に染めた最近の若者の髪を見慣れた目には、新鮮に見える。 幸田真音『傷 邦銀崩壊(上)』より引用
  • どちらも髪を茶色に染めていた。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 中学校に進学してから、髪の毛を茶色に染めて、暴走族に入り、ヤンキーとなった。
  • 茶色に染めた髪が、夕焼けの中で金色に輝いていた。 柴田よしき『Close to You』より引用
  • わあっ、と若者が茶色に染めた髪をかきむしって吠えた。 浅田次郎『月のしずく』より引用
  • 次へ »