茶色に染め

94 の用例 (0.00 秒)
  • 茶色に染められた裸の腕や肩にはびっしりと複雑な模様が描かれていた。 エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』より引用
  • 少し目にかかるぐらいの髪を茶色に染めた、すげえかっこいい男の人だ。 松野秋鳴『えむえむっ! 第02巻』より引用
  • 十文字はへへっと笑って、茶色に染めた柔らかな髪を両手でかき上げた。 桐野夏生『OUT(下)』より引用
  • 軽く茶色に染めた長い髪を、アニメのキャラクターのように頭の両脇で結んでいる。 加藤実秋『インディゴの夜 全4話』より引用
  • もうじき十七歳になる佐穂は、髪を茶色に染め、軽く化粧をしている。 林真理子『初夜』より引用
  • 看護婦のくせにかみを茶色にめていて、勤務中きんむちゅうでもわりとしっかり化粧けしょうをしている。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第04巻』より引用
  • 短めのかみを軽い茶色に染めていて、家だというのにきっちりと化粧けしょうをしている。 喬林知『今日からマ王 第16巻 箱はマのつく水の底!』より引用
  • 彼と、髪の毛を茶色に染めた弟と、ひどく恐縮して迎えてくれた母親がいた。 後藤正治『リターンマッチ』より引用
  • そして彼女は眉毛まゆげ睫毛まつげとを茶色に染めて、母親の薄い色とは感じを変えていた。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(3部)』より引用
  • 頭を金に近い茶色に染めた若い女の子が注文をとりにきて、私たちはビールの追加を頼む。 角田光代『あしたはうんと遠くへいこう』より引用
  • 本当は軽めの茶色に染めたいところであるが、秘書という立場上無理のようだ。 林真理子『不機嫌な果実』より引用
  • 短く刈った頭には、茶色に染めたと思われる髪が立っていた。 熊谷雅人『ネクラ少女は黒魔法で恋をする』より引用
  • 赤茶色に染めたオカッパの髪が乱れ、頭頂部に染料落ちの白髪が見える。 樋口有介『枯葉色グッドバイ』より引用
  • 赤茶色に染められた髪のあちらこちらに、ドレスと同じ色の羽が挿されている。 今野緒雪『マリア様がみてる 12 子羊たちの休暇』より引用
  • が、髪を茶色に染めたり、パーマをかけるような子はいなかった。 新津きよみ『婚約者』より引用
  • 逆に、髪を茶色に染めて、自慢げに煙草を吸っている連中もいた。 喜多嶋隆『ビーチサンダルで告白した』より引用
  • 奥さんは毛を茶色に染めたあき竹城といったタイプであった。 群ようこ『別人「群ようこ」のできるまで』より引用
  • ドアを開けたのは、髪を茶色に染めた若者だった。 東野圭吾『探偵ガリレオ』より引用
  • 赤みがかった茶色に染められた豊かな頭髪も、五本の指を思い切り開いたような形で砂の上に広がっていた。 有栖川有栖『朱色の研究』より引用
  • はじめ、彼女はこれを隠すために髪を茶色に染めていた。
  • 次へ »