茶色い

全て 形容詞
1,108 の用例 (0.01 秒)
  • 四人全員が肩まである茶色い髪に、透き通ったような白い肌をしていた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第12巻』より引用
  • 皆が不思議に思っていると、すぐに、茶色い固まりを持って戻ってきた。 石崎幸二『日曜日の沈黙』より引用
  • 声のする方を見ると茶色い目、茶色い髪の白人が英語で話しかけていた。 宇佐美游『調子のいい女』より引用
  • すると、毛むくじゃらの茶色い塊がサッカーボールのように飛んできた。 霞流一『ロング・ドッグ・バイ』より引用
  • 先生の指す方を見上げると、窓の上には茶色くなったエアコンがあった。 藤谷治『船に乗れ!Ⅰ 合奏と協奏』より引用
  • 本堂はホテルのカクテル・ラウンジで茶色い酒を前に置いて待っていた。 阿刀田高『霧のレクイエム』より引用
  • ぼろぼろの袖からは骨に茶色い皮膚が貼りついただけの腕が出ていた。 高橋克彦『即身仏(ミイラ)の殺人』より引用
  • このバス乗場を超えてすぐの所に立つ茶色い建物は香港理工大学である。
  • 日本にいるときは髪の色は真っ黒だったのに、だんだん茶色くなってきた。 群ようこ『アメリカ居すわり一人旅』より引用
  • 茶色い土の上に灰色に汚れた雪が残り、背の低い草がわずかに生え始めている。 時雨沢恵一『リリアとトレイズⅤ 私の王子様〈上〉』より引用
  • 陽光の下では淡い色に見える茶色い瞳が、いまは影が落ちて黒く見える。 五百香ノエル『骸谷温泉殺人事件』より引用
  • 部屋の扉を開くと、机の上に置いてある一通の茶色い封筒に目が留まった。 山田悠介『パズル』より引用
  • 先頭に立っていたのは、茶色いブルゾンを着た眉毛まゆげの太い中年の刑事だ。 有栖川有栖『朱色の研究』より引用
  • 黒い布を被せた茶色い木の箱が、台に載って僕たちの方を向いている。 市川陽『放課後のロックンロール・パーティ』より引用
  • あばた顔に茶色いサングラスをかけた、肥満体の無線屋さんも来ていた。 南木佳士『ダイヤモンドダスト』より引用
  • だから今の茶色い板がカッソー板だとは、認識できなかったのである。 眉村卓『不定期エスパー8』より引用
  • 現在、塔表面の色は再び茶色く変色しているが、呼称は変えられていない。
  • 両輪から茶色い土煙を立てながら、モトラドは朝の太陽を背にしていた。 時雨沢恵一『キノの旅 第05巻』より引用
  • 茶色いグラウンドと青いプールが灰色の中にきちんと確保されていた。 角田光代『幸福な遊戯』より引用
  • 少年はそう言いながら、こぶしほどの大きさの茶色い毛玉を手渡してくれました。 原田宗典『旅の短篇集 春夏』より引用
  • 次へ »