茶色

全て 名詞
6,839 の用例 (0.02 秒)
  • 目に見える距離になってようやく、三羽の大きな茶色の鳥だとわかった。 ドイル・アーサー・コナン『緋のエチュード』より引用
  • 茶色の壁に囲まれて、上向けに寝ていて、自分自身の悲鳴を聞いていた。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書4』より引用
  • そして半ば茶色の髪に隠れた小さな耳にむかってささやいたものである。 田中芳樹『銀河英雄伝説 06 飛翔編』より引用
  • 茶色に染められた裸の腕や肩にはびっしりと複雑な模様が描かれていた。 エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』より引用
  • 茶色の皮の折りかばんを持っているだけで座席の自分の横においていた。 シムノン/榊原晃三訳『メグレの途中下車』より引用
  • しかも彼が持っている数個の茶色の紙包みを荷厄介にやくかいにしていたのだった。 直木三十五『青玉の十字架』より引用
  • 茶色の目はきれいだが、若さの魅力以上のものがあったわけではない。 モーム/西村孝次訳『モーム短編集「手紙」』より引用
  • 茶色の作業服はそう言って、吉本の手を引いて群衆の中へ入っていった。 佐左木俊郎『街頭の偽映鏡』より引用
  • そして紙とじから茶色の紙を一枚口で引きはがして、巻き煙草を巻いた。 スタインベック/大久保康雄訳『怒りの葡萄』より引用
  • 二つの茶色の瞳をかりて、運命がわたしに語りかけてきたように思えた。 コードウェイナー・スミス『鼠と竜のゲーム』より引用
  • 薄い金茶色をして燃えていた陽の光がかすれて風の音がしなくなっていた。 田中貢太郎『太虚司法伝』より引用
  • そのとき菅は茶色のシャツを着た腕を最初にあげて四辺あたりを見廻した一人だ。 宮本百合子『舗道』より引用
  • よく見ると唇のラインは少し濃い茶色で、唇はベージュで塗られている。 夏石鈴子『家内安全』より引用
  • と思うと、戸倉老人がかけていた茶色の眼鏡が、頭目の手の中にあった。 海野十三『少年探偵長』より引用
  • 物置の戸口から細長くて低い格好の黄色と茶色まだらのけものが出てきたのだ。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅠ』より引用
  • すべてはあの茶色の髪の男のせいだと、青木は憤りを胸の中でたぎらせた。 貫井徳郎『天使の屍』より引用
  • その中には小さい茶色の鳥が、何時でも驚いたやうな顔をしてゐる。 芥川竜之介『パステルの竜』より引用
  • その返礼にリゼットはうしろを向いて酒でげた茶色の舌をちょっと見せた。 岡本かの子『売春婦リゼット』より引用
  • 運転手は茶色のコートを着て、長いすそ両脇りょうももに巻きつけてとめている。 時雨沢恵一『キノの旅 第03巻』より引用
  • しかし道楽者らしい彼は、赤茶色の髪の下に気のいい顔を見せていた。 イネス/池央耿訳『孤独なスキーヤー』より引用
  • 次へ »