茫然自失

550 の用例 (0.00 秒)
  • あのとき彼女も茫然ぼうぜん自失したように車の去った方角に視線を向けていた。 森村誠一『異型の街角』より引用
  • 心理的なショックを受け、一時的な茫然自失の状態に陥った様子を表す。
  • そんな聞き方で、この茫然ぼうぜん自失とした女が答えるのだろうかと思った。 塚本晋也『悪夢探偵』より引用
  • 三十分後、居間でアドリエンヌの話を聞いた両親は、茫然自失ぼうぜんじしつしていた。 橘香いくの『ブランデージの魔法の城1 魔王子さまの嫁取りの話』より引用
  • 茫然自失の状態になっていてさえ、彼は本当にはこれを信じなかった。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔上〕』より引用
  • お兼はもう茫然ぼうぜん自失して、声も立てず夫のかおを見まもるばかりである。 五味康祐『いろ暦四十八手』より引用
  • 茫然自失の形で、私は、乗組の全員が帆をあげにかかるのを眺めていた。 ウェルズ/能島武文訳『モロー博士の島』より引用
  • あまりの驚きに茫然自失して、しばらくは答えることもできなかった。 モーパッサン/新庄嘉章『ある女の告白』より引用
  • そこで私は、類のない、それ以上増しようのない茫然自失におちいった。 佐藤正彰訳『千一夜物語 04』より引用
  • ジャッカル牛の仔は、茫然ぼうぜん自失として集落まえの広場に足を止めました。 古川日出男『アラビアの夜の種族2』より引用
  • この事件で大きな衝撃を受けた具栄は数ヶ月間を茫然自失して過ごす。
  • 私の場合は、茫然自失したという言葉が一番あてはまっていると思います。 大倉燁子『消えた霊媒女』より引用
  • ほとんど茫然自失ぼうぜんじしつな状態のまま教室にもどってきて授業を受けて。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第15巻』より引用
  • 少女の声に、茫然ぼうぜん自失の状態だった矢沢は、ゆっくりと前をふり向いた。 吉村達也『スイッチ』より引用
  • 犯人が判決文を聞くように、ぼくは茫然自失のていで医者の命令を耳にしたわけだ。 ラディゲ/江口清訳『肉体の悪魔』より引用
  • 中将が中国地方の全軍を指揮する立場となって、茫然自失しているのはわかる。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 12 山口防衛戦』より引用
  • 後に子供の手を引いた主婦が茫然ぼうぜん自失したように立ちつくしていた。 森村誠一『異型の街角』より引用
  • 今回の衝撃で茫然自失ですが、元から耄碌してるんだとは思います。 三上於菟吉『ライギット・パズル』より引用
  • 通常空間に再突入したある艦隊はそこが天狼星シリウスであることを知って茫然自失した。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • しかし、かれらは茫然自失しているいとまものこされてはいなかった。 栗本薫『グイン・サーガ 005 辺境の王者』より引用
  • 次へ »