英語を公用

30 の用例 (0.00 秒)
  • 英語を公用語としている国の大多数は、かつてイギリス帝国の領土だった。
  • 英連邦に加盟している国では唯一、英語を公用語としていない。
  • 同時にウルドゥー語が公用語化されるまでは英語を公用語とする旨規定している。
  • 英語を公用語としていない国での外国語としての英語は、アメリカ英語の影響が強くなりつつある。
  • 西インド諸島大学は西インド諸島の英語を公用語とする17の国と地域が自治・運営する大学である。
  • インド憲法には1950年の憲法施行後15年で英語を公用語から除外するとしている。
  • モザンビークを除くほとんどの国では、英語を公用語かそれに準じる言語としている。
  • アメリカ人の中には英語を連邦の正式な公用語とすることを希望する者が多く、現在30州が英語を公用語に指定している。
  • これらの国と地域はすべて、英語を公用語とする。
  • これに対し、アメリカ式英語を公用語としている国はフィリピンとリベリア共和国などがある。
  • 各国で英語を公用語に制定している国はかつての英米の植民地支配を経験している国ばかりであり、英米や英語圏国家による植民地支配を経験していない国で英語を公用語にしている国は、ルワンダ以外に無い。
  • 英語を公用語とするために州議会の下院と上院に議案が何度か提出されてきたが、一度も成案になっていない。
  • 世界的には、英語を公用語としている国で共通語として使用されている英語はほとんどの場合、語彙・スペリングともにイギリス式を基本としている。
  • どちらもポリネシア系のサモア人が民族構成の大半を占めており、サモア語と英語を公用語としている。
  • 第二次大戦後、イギリスは植民地の独立などによって国際外交的な影響力を失っていくが、言い換えれば英語を公用語ないしそれに準ずる言語としている独立国家が増加した事を意味する。
  • ただし、州レベルでは、英語を公用語とする州や英語とスペイン語を公用語と明文的に定める州もある。
  • また20世紀に入って、同じく英語を公用語とするアメリカの政治的・経済的・文化的隆盛によって、英語はその国際語としての地位を確固たるものとした。
  • さらに、英語を公用語化して事務書類も英語化することで、外国人研究者が快適に研究に打ち込めるような環境を構築するという方針のもと、英会話が可能な事務職員を多く配置しているのも特徴である。
  • 英語を公用語としている28州の内、ハワイ州のみ第2公用語にハワイ語を制定している。
  • 米国の慣用表現であり、英語を公用語とする米国以外の国においても通用する用語となりつつあるが、ここでは主として米国で用いられる場合について説明する。
  • 次へ »